忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

当ブログで書き継いでいた中国史研究のシリーズ記事が一区切りついた事もあって、《深森の帝國》ホームページの記事としてまとめました。いつもの如く(?)超・長い内容になりましたが、それに見合う程度には、充実した内容だと言う風には思います

当サイト管理人が不勉強な事もあって、初めて知った部分が余りにも多く、それに応じて、参考文献からの引用も多くなってしまいました(ページの末尾に、お世話になった参考文献を書き出しております)

このたびの内容をまとめる中で、ささやかながらオカルト(陰陽五行説)の方面から気付いた箇所は、それなりに考えさせる物がある…と、思うのであります

◆直通アドレス:大乾帝國ノ章(深森の帝國ホームページ内部)
《URL》=http://mimoronoteikoku.tudura.com/garden/history/china_4.html
◆関連記事シリーズ(当ブログの過去記事)
2013.01.26/《歴史研究》華夏大陸と海・1
2013.01.27/《歴史研究》華夏大陸と海・2
2014.08.16/華夏大陸:秦漢の衰退と胡漢複合
2014.08.17/華夏大陸:隋唐帝国を襲う〈投げ網〉
2014.08.23/華夏大陸:北魏:支配民族の交代と確執
2014.08.30/華夏大陸:分裂と統合の末の完結
2014.09.03/読書覚書:明の亡命民(知識人)
2014.09.04/読書覚書:中国文明の特質・宗教と結社
2014.09.05/読書覚書:中国の中間層:民変と士民公議

《時事メモ》★中国を後背地とする世界を望む中華思考
MSはミタ!『登記簿は真実を語る』2014/09/06記事
記事URL=http://mswamita.jugem.jp/?eid=167

現代の中華帝国の不穏な動きと、それとリンクする周辺の不穏な動きについての、経済&移民の方面からの、うがった見方&観測が非常に興味深いです

PR

ホームページ《深森の帝國》に新しいページを追加しました

★裏制作コミック物語の分量が想定以上に大きくなったので、《物語ノ傍流》という特設ページを追加し、トップページにリンクしました。《物語ノ傍流》ページから、《花の影を慕いて》物語を閲覧できます

《コミック作品についての付記&注意》

▼漫画読みの知人の一人に初見で作品を読んでもらったところ、「科白(言葉部分)が多過ぎるし、難解で、五回くらい読み直さないと意味が分からない」という感想を頂きました)

▼少女向けの恋愛漫画(全年齢OK,コメディ,ギャグ有)の体裁を取っています。しかし、貴族社会時代物ゆえの、入り組んだ親族事情の経緯や過去の謎解き、人間関係の哲学的考察等がメインであり、恋愛ジャンルの定番と思われる「恋人たちの見せ場のシーン」は殆どありません(「見つめ合い」や「語り合い」が殆どで、肉体方面の表現は極小になっています)


《8/27追記》・・・漫画投稿ポータルサイト「漫画ハック」様に、今回の作品を登録しました。

http://mangahack.com/comic/show/706


裏制作コミック物語《花の影を慕いて》制作記録
画像一括管理01(001頁-025頁)=2013/08/14アップ
画像一括管理02(026頁-051頁)=2013/09/11アップ
画像一括管理03(051頁-077頁)=2013/10/05アップ
画像一括管理04(078頁-103頁)=2013/10/15アップ
画像一括管理05(078頁-129頁)=2013/11/10アップ
画像一括管理06(130頁-153頁)=2013/11/20アップ
画像一括管理07(154頁-177頁)=2013/11/29アップ
画像一括管理08(154頁-203頁)=2013/12/22アップ
画像一括管理09(178頁-227頁)=2014/01/05アップ
画像一括管理10(228頁-251頁)=2014/01/27アップ
画像一括管理11(252頁-273頁)=2014/02/23アップ
画像一括管理12(274頁-297頁)=2014/03/31アップ
画像一括管理13(298頁-323頁)=2014/04/14アップ
画像一括管理14(324頁-347頁)=2014/05/06アップ
画像一括管理15(324頁-371頁)=2014/05/11アップ
画像一括管理16(372頁-395頁)=2014/06/01アップ
画像一括管理17(396頁-419頁)=2014/06/29アップ
画像一括管理18(420頁-443頁)=2014/07/16アップ
画像一括管理19(444頁-468頁)=2014/08/07アップ

◆制作中の物語・第一部-ヤツマタ/第九章-妖霊星(後篇)のページ分割が終わりました。

★こちらのアドレスから正式公開版に飛べます(ホームページ版)⇒[物語ノ本流

★現在の創作状況⇒「物語ノ目次」:物語の中の時間(旧暦カレンダー)の覚書を更新(当ブログ過去エントリ)

◆タロット絵シリーズをまとめました(物語ノ拾遺・隔離版)⇒[連作・タロット絵


第九章-妖霊星(後篇)は割とスムーズに内容がまとまった章で、下書きから完成までのブレや迷いは少ない方でした。第六章-門前町や第七章-斎ノ宮で示していた伏線は半分くらい回収しており、ある意味では「折り返し点」とも言えます

今回の章では、ワンクッションおいた複雑な形の、けれども確かな愛情というものを、それなりに提示する事が出来たかなという感じです。瀬都とカモさん夫妻は直接の家族では無く、更に貴族/平民という公的な身分差もあるため、互いに一線を引いた注意深い関係を築いています

この世には、密着するばかりが親しさではなく、「互いに適切な距離を置いた親しさ」という形もあるのです。もちろん瀬都はまだ子供なので、「自分は縁あって女童として雇われていて、小間使いをしている」という以上の細かい社会関係は余り理解しておらず、気取りの無い話しかけをしています

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]