忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

《時事感想》

中国、防衛大綱に「強烈な不満」

【北京共同】中国外務省の華春瑩副報道局長は18日、日本政府が「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことを巡り「いわゆる中国脅威論をあおっている」として「強烈な不満と反対」を表明し、日本側に「厳正な申し入れ」をしたと明らかにした。
華氏は定例記者会見で、日本が「中国の正常な国防建設と軍事活動をとやかく言い、事実に基づかない批判をしている」と指摘。第2次世界大戦の歴史があることから「日本の軍事分野の動向はアジアの隣国と国際社会から注視されている」と述べた。
さらに、日本の態度を「冷戦思考だ」と批判し「中日関係の改善と発展にとって不利だ」と話した。

(コメント)割とまともな「防衛大綱」だったみたいですね(ニガワライ)

太陽系の最果ての天体「ファーアウト」発見、すばる望遠鏡で観測

国際天文学連合の小惑星センターは17日、太陽から最も遠く離れた太陽系の天体が初めて見つかったと発表した。太陽からの距離は、地球と太陽の距離の100倍以上。「2018 VG18」と命名されたが、研究者は「ファーアウト(Farout)」の愛称で呼んでいる。
見つかった天体は準惑星と推測され、直径は約500キロ、色はピンクがかって見える。この色は、太陽から遠く離れていて氷が多いことに起因する。太陽の周りを1000年以上かけて公転していると思われる。
地球から太陽までの距離を表す天文単位(AU、約1億5000万キロ)で換算すると、太陽からファーアウトまでの距離は120AU。2番目に遠い天体「エリス」までの距離は96AU、冥王星までの距離は34AUに相当する。
この天体は、太陽系の果てにある地球型の惑星探しを行っている米カーネギー研究所などの研究チームが発見した。
ハワイのマウナケアにある日本のすばる望遠鏡を使ってファーアウトが発見されたのは今年11月。その後、チリにあるカーネギー研究所のラスカンパナス天文台で観測を続け、軌道や明るさ、色彩などを調べていた。
ファーアウトの軌道はまだ分かっていない。カーネギー研究所の研究者は、「2018 VG18はこれまでに観測された太陽系のどの天体よりも遠くにあって、動きが遅い。軌道を完全に特定するまでにはまだ何年もかかるだろう」と解説している。

(コメント)太陽系の端っこが、また広がったな…という感じですね。これもカイパーベルト天体なのでしょうか。「ピンクっぽい色」が、何に由来するのか、気になる所です。


《マンガ制作》異世界ドラゴンファンタジー第3パート「予兆*攻撃と防御」

ホームページに移動しました:物語ノ傍流から飛べます⇒http://mimoronoteikoku.tudura.com/astrolabe/x_uranote.html

2018/11/18現在、52-53ページまで公開済み、以降は制作中

PR

《ひとつの物語を編むとき》

書きたい事を絞り込む。例えば旅行記などでは、「見聞した事&感動した事を伝えたい」というポイントに絞られている。山場を、このポイントに持って来れるかどうかが、割と重要。

ヤマ場(クライマックス)を用意し「ストーリーを盛り上げる構成」を意識した作品づくり。ヤマ場があるという事は、「どういう主人公が何をしようとするストーリーなのか」が、自分でちゃんと把握できている…という事。

どういう主人公?⇒キャラクターの設定
何をしようとするのか?⇒行動の組み立て(動機など)

★善いとされる物語の五つの条件
[1]主人公のキャラクターが魅力的
[2]主人公の感情の変化が自然
[3]エピソードの一つひとつがきちんと絡み、つながっている
[4]展開の意外性と見せ場がある
[5]結末に納得できる

★演出ポイント

【冒頭】=登場人物を生死に関わる困難に遭遇させ、読者の興味や集中力を引き込む。

【起承転結】=困難のレベルを上げる。困難の事柄を伏線にする。伏線を転回させてクルッと山場につなげる。クライマックスに向かって特大の困難を仕込んで行き、それを「あっ」と驚くような解決でカタルシスへと持って行く。ハッピーエンドだと、なお良し。

【主人公】=基本的にヒーローだけど、「理由もなく無双である」という設定だと驚きが無いので、いろいろな弱点や個性をデザインしておく。ただ、あまりキャラ説明に行数を割いている余裕はないので、ストーリーの中で少しずつ「チラ見せ」していく方式が良い。

【世界観】=バックグラウンド背景はきっちり精密、正確に書く。ここが適当だと誰も読まない。背景効果の演出にも気を配ると、なお良し(上級テクニック)。

【障害】=「強敵」、「実現不可能に見える事象」、「タイムリミット」に大別される事が多い。これらの合わせ技もアリ。

【神話系の基本の流れ(行きて帰りし物語)】
1.天命を受ける
2.旅の始まり
3.境界を越える(イニシエーション儀礼)
4.仲間との出会い
5.悪魔が立ちふさがる
6.変容を遂げる
7.試練の達成
8.故郷への帰還

★その他★

映画や漫画でのテクニックだけど、「視線誘導」効果は割と小説でも使える。主人公の目線の動きに注意。

時間経過の計算のあるストーリー組み立て⇒臨場感が増す。アクションシーンなどでは、描写量の配分に注意。

刑法175条の変遷

【明治13年・旧刑法】
第259條 風俗ヲ害スル冊子圖畫其他猥褻ノ物品ヲ公然陳列シ又ハ販賣シタル者ハ四圓以上四十圓以下ノ罰金ニ處ス
(※圖=旧字「図」、畫=旧字「書」、圓=旧字「円」)
【明治40年・現行刑法】
第175條 猥褻ノ文書、圖畫其他ノ物ヲ領布若シクハ販賣シ又ハ公然之ヲ陳列シタル者ハ五百圓以下ノ罰金又ハ科料ニ處ス販賣ノ目的ヲ以テ之ヲ所持シタル者亦同シ
【昭和22年・改正】
第175條 猥褻ノ文書、圖畫其他ノ物ヲ領布若シクハ販賣シ又ハ公然之ヲ陳列シタル者ハ二年以下ノ懲役又ハ五千圓以下ノ罰金若シクハ科料ニ處ス販賣ノ目的ヲ以テ之ヲ所持シタル者亦同シ
【平成7年・口語化】
第175条 わいせつな文書、図画その他の物を領布し、販売し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。
【平成23年・改正】
第175条 ①わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を領布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を領布した者も、同様とする。
 ②有償で領布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

ちまたで言われていますように、わが国の最高法規たる『憲法』によって定められた「表現の自由」と正面衝突すると言う面で、やはり判断が難しいというところのようです。

ただし、違法AVなど、強迫や人権侵害、リベンジポルノ、児童買春、反社会的勢力(つまりヤクザ&テロリスト)等とリンクしている案件は、ほぼ有罪判決…という判断になっているようです。

この領域は、人類の生物学的・本能的な欲望と接触しているだけに「楽に稼ぎやすい」部分=反社会的勢力や種々の犯罪(盗撮や盗作とか)と接触する事の多い領域でもある訳で…

「いかに反社会的勢力を介入させないか/リアル犯罪への発展を防ぐか」という難問が、当然にしてある⇒「法の力」が積極的に関与すべきポイントかも知れない。

現在、21世紀の問題として…

インターネットによるグローバル化がもたらした、カオスな情報環境という新しい要素が出て来ています。

つまり、インターネットでは、国境が無い。情報流通の自由。国家も社会もテロリスト集団も等しく、ひとつの坩堝に投げ込まれている状態。

A国の基準とB国の基準が異なると言う事は当然にある事ですけど、インターネットでは、A国の物もB国の物も、相互に閲覧できてしまう。

※中国では、「万里の長城」と言うべき「金盾」(グレート・ファイアウォール/ネットの長城)と呼ばれる情報遮断の壁を設けて、この事態を防いでいるようですが…

こうした「インターネット環境」という新たな要素をどう解釈するかによって、わが国の刑法175条も変化して行くであろう/変化しなければならないという推測が成り立ちます。将来、3次元立体映像のネット配信技術も出て来る可能性もあり、「いかなる解釈をするのか」を考えておく必要がある。

*****

歴史的には、「猥褻」という概念は、春画の類が普及していた江戸時代には、存在していませんでした(当時は「好色」「淫ら」という言葉が使われていた)。

「猥褻」という概念は、明治時代になってから法律で規定された物だそうです(実際、明治の刑法は、フランス刑法の影響が強いそうです。フランス人法学者が関わっていた)。

「公然」というのも解釈が難しい部分で、日本語で言う「公」とフランス語で言う「パブリックPublic」は、少し定義が異なっているという話。明治時代は、さぞ混乱しただろうなと思います。

*****

追記★インターネットで「ふーむ、ナルホドなぁ」という考え方の記事を見かけました。

エロコンテンツは完全に隠すよりこっそり読めるぐらいがちょうどいい
https://am-our.com/love/296/15636/

著者は、キャバ嬢などの経歴を辿って来たラノベ官能小説家だそうで…他の記事も、なかなか興味深い内容のようであります。

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]