忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

(作品672番)/エミリー・ディキンスン

未来は今まで一度も語った事が無い
また唖のように
合図で示さない
彼の深遠な来たるべき言葉を

だがニュースの機が熟すと
それをあらわす
準備も回避も代替もできない
行為のうちに

未来にまったく無関心に
天賦の才能は運命として
役割を執行するのだ
未来に対する運命の電報を

(作品750番)/エミリー・ディキンスン

ひとの成長は自然の成長のように
内側で引力に引かれる
大気と太陽がそれを保証するが
それはただ一人で動き出す

各自が困難な理想を
自分で達成しなければならない
沈黙の生活と言う
孤独な勇気を通して

努力だけが条件
自己に耐え
逆境に耐える事
それに完全な信念だけが

傍観する事は
周りの人たちの役割
けれども自身の行為は
誰の支援も受けられない

(作品670番)/エミリー・ディキンスン

幽霊に憑かれるには部屋でなくても良い
家でなくても良い
頭の中には現実の場所よりも
はるかに多くの回廊がある

そとの幽霊に真夜中に出会う方が
遥かに安全だ
あのもっと冷たい客に
内側で向かい合うよりも

石に追われて
僧院を駆け抜ける方が遥かに安全だ
淋しい場所で武器も無く
自己と出会うよりは

隠れている背後の自己の方が
もっと驚かす
私たちの部屋に潜む暗殺者などは
少しも怖くない

からだはピストルを携えて
ドアを閉める
だがもっとすぐれた幽霊か
何かを見逃すのだ

(作品883番)/エミリー・ディキンスン

詩人はただランプをともし
みずからは消えてしまう
もし生きた光が
太陽のように自身で燃えるなら
時代はそれぞれレンズとなり
その円周を
広げていく

(作品1609番)/エミリー・ディキンスン

夕闇の幕をおろす日没は かえって露わにさせるもの―
紫水晶の威嚇や
神秘の堀によって
私たちの眼にするもののの美をより高めながら
PR

(作品1147番)/エミリー・ディキンスン

百年を経た後は
誰もこの場所を知らない
そこに演じられた苦悶も
平和のように静か、

わがもの顔の雑草がひろがり
見知らぬ人々はさまよい来て
先にみまかった死者の
寂しい綴り文字を判読した。

夏野の風だけが
この道を思い出す――
記憶が落とした鍵を
「自然」の本能が拾い上げて。

(作品1450番)/エミリー・ディキンスン

道は月と星とで明るかった、
樹々は輝いて静かだった、
遠い光で、わたしはみとめた、
丘の上の一人の旅人――
魔術的な急斜面を
登って行くのを、地の上ながら、
彼のきらめいている究極は知られないが、
ただ彼は静かに光輝を確認していた。

(作品1540番)/エミリー・ディキンスン

悲しみのようにひそやかに
夏は過ぎ去った、
遂に、あまりにもひそやかで
裏切りとも思えないほどに、
もう夙(と)うに始まった黄昏のように
蒸留された静けさ、
またはみずから引きこもって
午後を過ごしている「自然」、
夕暮の訪れは早くなり、
朝の輝きはいつもと違う、
ねんごろで、しかも胸の痛むような優美さ、
立ち去ろうとする客人のように、
このようにして、翼も無く
船に乗る事も無く
私たちの夏は軽やかに逃れ去った、
美しきものの中に。

「鐘鳴りぬ」(三好達治・作「わがふるき日のうた」より)

聽け
鐘鳴りぬ
聽け
つねならぬ鐘鳴りいでぬ

かの鐘鳴りぬ
いざわれはゆかん

おもひまうけぬ日の空に
ひびきわたらふ鐘の音を
鶏鳴か五暁かしらず

われはゆかん さあれゆめ
ゆるがせに聽くべからねば

われはゆかん
牧人の鞭にしたがふ仔羊の
足どりはやく小走りに

路もなきおどろの野ずゑ
露じもしげきしののめを
われはゆかん
ゆきてふたたび歸りこざらん

いざさらばうかららつねの
日のごとくわれをなまちそ
つねならぬ鐘の音聲
もろともに聽きけんをいざ
あかぬ日のつひの別れぞ わがふるき日のうた――
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]