忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

『シンボルとスキエンティア』―近代ヨーロッパの哲学と科学
エルンスト・カッシーラー著(ありな書房1995年)
訳者…佐藤三夫、根占献一、加藤守通、伊藤博明、伊藤和行、富松保文

アリストテレスの運動論は、16世紀までには、それにしばしば帰せられてきた、議論の余地のない権威を有していないことが明らかとなった。

われわれがいま知る所では、ガリレオよりはるか以前に、多くの点でガリレオ力学の基盤を準備した「インペトゥスimpetus」という新しい理論が存在していた。ガリレオの方法論の先行者についてもまた完璧かつ徹底的に調べられている。

(ザバレッラは著書の中で、「合成的方法」と「分解的方法」との相違について明白に述べている。これはガリレオの概念に著しく類似している。ザバレッラは、此処では大いなる連鎖の単なるひとつの環に過ぎない。つまり彼は、パドヴァ学派の歴史全体に及ぶ1世紀間の伝統に従っている)

ガリレオの動力学のような仕事は、ゼウスの頭部から完全武装したパラス・アテネが現れたように、いきなり生じることは不可能であった。それには論理的かつ方法的にと同様、経験的にも時間のかかる準備が必要であった。だがそれでもガリレオは、これら所与の要素にまったく新しいものをつけくわえた。

ガリレオ以前には何人といえども、彼が落下物体の法則の証明あるいは弾道のパラボラ曲線(放物線)形状の発見に際しておこなった、「分解的方法と合成的方法」の〈活用〉の類をなしえなかった。

これらすべてはまったく新しく独自なものである。独自であるというのは、単に特殊な発見としてではなく科学的な態度と性向の表明としてでもそうであった。なぜなら、15世紀に勝る明白な変化を導くのは、数学的方法に結び付いた意義と価値であって、その単なる内容では無いからである。

*****

数学が、カントの表現を使えば「人間理性の誇り」であることについて、プラトンの時代以来、真剣に疑義を差し挟まれたことなど一度も無かった。アウグスティヌスも同様に大きな情熱をこめて、数学と数学の「永遠なる真理」について語っている。それは叡智界への直接的な入り口を開いてくれているという訳である。

それに数学的な自然科学の概念さえも、15・16世紀にはじめて生じたのでは決してなかった。

光学を数学的に厳密に取り扱わなければならないことについては、たとえばロジャー・ベイコンが認識しているところであった。「作用する力と質料の力は、算出される諸結果そのものと同じく数学の偉大な能力なしには知られえない」。

またオッカムのウィリアムが、「ある原因それ自体が定立されて他の原因が取り除かれると結果の生じることが、あるいはむしろ、その原因が定立されないで他のすべての原因が定立されると結果の生じないことが、経験によって明らかに実証されえないならば」、いかなる出来事も別の出来事の原因とみなされえないと説明する時、ガリレオの因果律の概念を先取りしているように思われる。

*****

しかしこれらすべての類似は、これらの類似にさらに多くのものが付け加えられるにしろ、なにも証明していない。

数学はルネサンスのはるか以前に文化の中の〈一要素〉であった。だが、ルネサンスにあってはレオナルドあるいはガリレオのような思想家とともに、それは新しい文化的〈力〉になった。

われわれが無視できぬくらい新しいとみなすべきものは、この新しい力が知的生活全体を満たし、内側からこれを変えていくその強烈さである。

レオナルドは、「数学のまさに大いなる正確性を軽蔑する人は、自分の精神に混乱を与えており、永遠なる言葉の戦いに帰着するだけの詭弁的教説を決して沈黙させられないだろう」と述べている。これはまたガリレオの確信でもある。彼にとって数学は知識の〈一分野〉ではなく、知識の唯一で正統な〈基準〉、それにより知識と呼ばれる他のすべてが測られなければならず、その面前で受ける試験に合格しなければならない規範である。

*****

このような数学的自然学の新たな価値評価は、根底に存在する別の観念に依拠している。

中世哲学では〈知が二又に分岐〉しており、最初それはアウグスティヌスに現れ、次いでスコラ学史全体を通して赤い糸のように貫いている。

それは「スキエンティアscientia」と「サピエンティアsapientia」との分離である。

「スキエンティア」は「自然的な」事物の知識であり、「サピエンティア」は「超自然的な」事柄の知識である。スキエンティアは「自然の領域」に、サピエンティアは「恩寵の領域」に関与している。

単なるスキエンティアに勝るサピエンティアの疑問の余地のない優越、「卓越性」が中世の思想家すべてにとって動かぬものとなる。

アウグスティヌスは述べている。「それゆえ、もし永遠な事柄の知性的認識がサピエンティアに、反対に現世の事物の理性的認識がスキエンティアに関わるように、サピエンティアとスキエンティアが正しく区別されるなら、何をいずれより優先すべきか、あるいは軽視すべきかを判断することは難しいことではない」。

この識別によれば、自然についての数学的科学はいかなるものでも――そのような科学があるなら――創造された世界についての学である。それゆえ、それは形而上学や神学と言った永遠なものの学と等しい地位を決して求め得ないのである。

「認識は、サピエンティア側では普遍性で、スキエンティア側では不可謬性でなければ、確実でありえない。他方において、つくりだされた真理は端的に不変であるのではなく、仮定上不変であり、同様に被造物の光はそれ固有の力により不可謬ではまったくない。両方とも造られ、非存在から存在に移るがゆえに」。

*****

このすべてが、ガリレオにおいては、すっかり変わってしまう。数学的自然学は彼にとって単に「科学」の特殊な分野では無く、道具に、つまり真理のいかなる認識にも必要な条件にして手段となった。

それが無ければ、人間にとり真理はまったく存在しないだろう。自然科学の結論に矛盾したり、あるいはこれに制限を設けようとしたりする「超自然的」真理は、すべて単なる見せかけに過ぎない。

これはガリレオがそのために格闘したところの新しい理想であり、この戦いこそが、彼に対する非難理由を結局呼び覚ますことになったのである。彼にとって数学的自然学は彼の人生観と世界観に、彼の宇宙解釈に必要な要素となった。

ガリレオが導入し確立したものは新しい〈解釈学〉である。中世の神学的解釈学では、聖書および教父により施された聖書解釈の中に真理は保有されていた。人文主義的解釈学は古典作家の権威以上に高い権威を知らないし、認めなかった。テクストの比較が真理を与え、真理と「なった」。

これをガリレオは二、三の警句的表現でことごとく簡単に処理している。彼はケプラーに宛てて次のように書いた。

「この種の人々は、哲学は『アエネイス』あるいは『オデュッセイア』のような書物であり、その真理は宇宙または自然の中では無く、テクストの比較(これは彼ら自身の言葉である)に見いだされると信じている」。

PR

『トマス・アクィナス―理性と神秘―』山本芳久・著(岩波新書2017)

【アリストテレスに由来する徳概念】

「徳」という概念は、古代ギリシアの ἀρετή (アレテー)という語に由来するものである。アレテーという語は、「徳」と訳されることもあれば、「卓越性」とか「力量」と訳されることもある。この語は、何らかの事物が、その本来の機能を優れた仕方で遂行することができる状態へと高められていることを意味する。

たとえば「馬のアレテー」は馬がより速く走ることができる状態になっていることを意味し、「ナイフのアレテー」はナイフがよく切れる状態になっていることを意味する。

それと同じように、人間一人一人もまた、「徳」という「力量」を身につけることによって、人間としてより充実した幸福な人生を送ることができるようになる。

古代ギリシアの徳論を代表するアリストテレスは『二コマコス倫理学』においてこのような論を展開している。

トマスの徳論は、その基本線においてアリストテレスが展開した特論を受け継いでいる。「賢慮」「正義」「勇気」「節制」というアリストテレスが重視した四つの徳は、「枢要徳」という名のもとに、トマスの特論においても重要な役割を果たしている。

★賢慮prudentia=理性そのものが直されることに基づいて成立する。

今ここの具体的な状況や事柄の真相を適切に認識したうえで、為すべき善を的確に判断し、その判断を実践に移していく力である。これらは単に「頭が良い」という性質に由来するものではない。バランスの良い人柄や賢明さが結びついて初めて成立する。

★正義=この世界において共に生きている他者たちの善を的確に配慮する意志の力である。

自分自身にとっての善を意志することは誰にでもできる。だが、自分とは異なる他者や、自らが所属する共同体全体の善をふさわしい仕方で配慮することは、必ずしも誰にでもできることではない。そのために必要とされるのが「正義」という徳なのである。

★勇気=立ちはだかる何らかの困難ゆえに、理性に即したものから意志が押し戻されること(怯むこと)を防ぐ役割をする。困難に立ち向かう力である。

★節制=理性の直しさが要求するのとは異なるものへと惹きつけられることを防ぐ役割をする。自分の欲望をコントロールする力である。

【節制temperantiaと抑制continentiaについて】

嫌々ながら欲望を我慢する在り方は「抑制」である。

それに対して、節制という徳を有する人物の特徴は、バランスよく欲望をコントロールすることに喜びを感じるところにある。

そのようなことが可能になっているのは、節制ある人においては、欲望すべきものを欲望するという積極的な在り方が実現しているからだ。

「節制」という徳の本質は、やりたいことを我慢するという点にあるのではなく、真に欲望すべきものへと自らのエネルギーを方向付けて行く事、別の言葉で言えば、欲望自体をよい方向へと変容させていく点にこそあるのである。

【節制に対立する悪徳「無感覚」】

「自然の秩序」に反するものは全て悪徳的な物である。

自然の秩序は、個体の保存に関しては飲食の喜びを、種の保存に関しては性の喜びを用いる事を要求している。これらの快楽は生きるために必要な事柄であり、これらを放置するほどに「無感覚」である事は、悪徳である。

【節制に対立する悪徳「不節制」】

最も非難されるべき奴隷的な悪徳である。

不節制が幼稚な悪徳と言われるのは、それが「欲望の過剰」に基づいているからであり、それは3つの点で子供に似ているからである。

第一に、子供も欲望も理性の秩序付けに従わずに醜いものを追い求める。

第二に、子供が好き放題なままに放任されると我儘が増長していくように、欲望も満足させるとより強くなっていく。

第三に、矯正法についても類似している。子供が教育者の命令によって矯正されるように、欲望も理性の命令に基づいて初めて節度づけられうる。

不節制は「抑制」「無抑制」という2つの現れ方をする。この意味において「抑制」「無抑制」も、徳では無い。いずれも欲望を「意志の力」で抑えているか否か、という違いでしかなく、抑圧された欲望、或いは抑えきれない欲望は、より悪しく激しい欲望へと突進していくからである。

※節制においては、「抑制」に見られる葛藤状態・緊張状態から解放され、理性によって、自らの欲望を、喜びを抱きつつ適切にコントロールすることが可能になっている。


参考:ロシアの「道徳」

異端者を火刑に処すものを私は道徳的人間と認めることができない。――『ドストエフスキーの詩学』ミハイル・バフチン(ちくま学芸文庫)

創作の参考になるテキストがあったので、メモ:

★人物の演出に関して:出典不明――(何処かのテキストに書いてあった)

登場人物が「何をするか」ということによって、その人物は半ば明らかになる。
その人物が「なぜ、その行動を取るか」という理由によって、残りの半ばが明らかとなる。

★視点移動に関して:出典不明――(何処かのテキストに書いてあった)

英米文学における『視点』上の分類を、そのまま日本文学に使用できない理由のひとつは、それぞれの言語における文化的背景の違いがある。

日本では「主観」か「客観」か、といった分類には大して意味はなく、「一元」か「多元」か、つまり、地の文が誰に還元されるのか、といったことの方が重要になるわけである。

逆に、英米文学で「一元」「多元」が重要でないのは、英語自体が平気で無生物に「視点移動」してしまう言語だからだといえる。日本語でいうところの「視点移動」は、英語にとってはさほど重要ではないわけである。

★『シド・フィールドの脚本術』より――

脚本を書く前に考えることは、
(1)エンディング
(2)オープニング
(3)プロットポイントI
(4)プロットポイントII
――の4つで、しかもこの順番である。プロットポイントとは、ストーリーのアクションを加速させ別の方向へと行き先を変えるような事件、エピソード、出来事のことである。

★喜多野土竜――https://twitter.com/mogura2001/status/947372738418634752

テーマについて。

そもそも作品のテーマというのは、必要なのかという根本的な問いが一言で表現できるテーマが必要で、それを投稿者や作家に求めてくる編集者がいる。だが岡本太郎画伯は、作品は「なぜこんな作品を描いてしまったのだろう」と、本人が困惑するような作品が良いと喝破する。

黒澤明監督は、作品のテーマを一言でと求めてきた記者に、一言で言えるテーマなら映画なんか撮らずプラカードにでも書くよと返したとか。そもそも、作品はワンテーマであることが少なく、複合的なテーマを持つことが多い。また、作者自身も意図しなかったテーマを鑑賞者が見いだすことさえある。

岡本太郎画伯の意見に戻れば、多分に人間の無意識領域にある考えを引き出せということだろうか。人間の表層意識と無意識は異なっていることが多く、説明できるようなテーマというのは、表層意識にあるモノ。そうではなく、自分自身でさえ気付いていない心のもっと奥の部分を引き出す必要がある。

例えば萩尾望都先生は友人から、あなたの作品には母親が出てこないか出てきてもすぐ死ぬと指摘され、折り合いの悪かった母親を描くことを、無意識に避けてきた自分に気付いたわけで。母娘の和解を描く『イグアナの娘』や『残酷な神が支配する』など、親子関係を描く作品へと昇華された。

そもそも作品は、1コマ漫画ですら複数のテーマを込めることが可能。萩尾望都先生の『半神』は16ページの短編だが、多様なテーマを見いだせる。星野之宣先生の『冬の惑星』も30ページの中に人間の一生と家族愛や生き様を描く。多様な切り口や味わいがあるから、繰り返し鑑賞される名作たり得る。

誰かの受け売りの、俗流テーマ主義に対する疑問から『構図がわかる本』では、実相という考え方を紹介した。

描かれた素材そのものは同じでも、その配置や組み合わせで、鑑賞者が喚起される感情は異なる。その配置や組み合わせの中で一定の方向性を持つのが、構図。感情を喚起させるのが、実相。

テーマというのは、素材→構図→実相→感情 と巻き起こされる一連の縁起を生み出す作品の、制作者側を動かす情動であって、極論すれば鑑賞者には無関係。

ただ、そこがわかると、より感動が深まることもある。逆に言えば、深遠なテーマがあっても、感情を揺さぶる実相がない作品は、凡作。

ここら辺の認識は、仏教の瑜伽行唯識学派の論と重なる。

唯識学派では、人間が捉えた世界は表象=イメージに過ぎないと主張する。人間の視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感を、前五識と呼ぶ。前五識と意識を合わせて、表層意識と考えれば西洋の心理学とも似ている。この下に無意識領域が存在。

無意識には、潜在意識としての末那識があり、さらにその下に阿頼耶識があるとする。心理学のユング学派の、前意識と集合的無意識という区分にも似るが、唯識学派は4世紀に成立し、精緻な体系を持つ。玄奘三蔵が国禁を犯しても天竺に行ったのは、この唯識を学ぶため。

ここら辺の学説の正しさのジャッジは置くにしても。

こういう議論は、作品の認識論とも重なるので、編集者や指導する立場の人間は、学んでおいて損はない。構造主義も、こういう人間と世界の認識に迫る見識が多く見られる。だが現実には、素材や構図をテーマと勘違いした指導をする人間が多すぎる。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]