忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

『137(物理学者パウリの錬金術・数秘術・ユング心理学をめぐる生涯)』拝読しました。

科学哲学史・科学思想史としても、実に興味深い内容…

当時、量子ワールドに付いて回る様々な異様な事実、つまり不確定性原理(量子レベルになると、位置と運動量を同時に決められない)などを理解するのは、非常に大変であったと言う空気が、パウリの精神異常などの懊悩を通じて伝わってくる感じです。

例えば異常ゼーマン効果は、現代物理学カリキュラムの中では割にスラッと通過してしまうパートなのですが、当時の物理学者たちは、その現象を説明するのに非常に苦労していたと…

パイオニアたちの苦闘にシンミリさせられる部分が大きかったです。

原子を取り巻く電子軌道のスペクトル線が詳細に観察されるようになると、それはバラバラとしていながらも規則的な間隔パターンを持つ=微細構造を持っているということが判明して来ました。この「スペクトル線の微細構造」が、微細構造定数の由来。

バラバラながら規則的な微細構造パターンをもって現れる、そんなスペクトル線同士の間隔を決める要素は何か。

原子の周りを運動する電子は光速に近い速度(相対論的速度)を持っているということで、電子軌道論に相対論を適用。それで、従来の電子軌道モデルの式に追加項が現れたのですが、それが微細構造定数と呼ばれる項になりました。

この微細構造定数が問題でした。それは、距離や時間、エネルギー量などといった次元を持たない、いわば裸の数字そのもの、無次元数だったのです。

最初は、この数字は、小数「0.00729…」とされていましたが、そのうち、単純化し「1/137」、後には「137」という数字として、量子論的小宇宙と相対論的大宇宙の統合を仲立ちする、最もミステリアスな数字になったのでした。

この、いわば「宇宙の数字」たる謎の数字が、パウリを含む、新しい時代の科学者たちを悩ませるようになったと言う話。

さてパウリの精神異常は、本には診断名称は書かれていませんでしたが、どうやら双極性的なモノだったようです。人格分裂の気配も見える程のモノだったようで、ユングが関わった精神治療プロセスで出て来る一連のビジョン(夢)記録は興味深い物でした。

深層部に至る際の数々の露払い的な夢イメージを通過した後、初歩的なマンダラを象徴する時計=永久機関の夢を通して、抑圧されていた部分が顔を出す。すると、次の夢では、三人だった登場人物が四人になる(=未知の一人が加わって来た)と言う場面があったそうです。

その三要素から四要素への移行は、元型における四要素が揃ったことを暗示すると言う…

パウリの場合、抑圧されていたのは思考・感情・直観・感覚の四要素のうち、感情の要素。これは、デカルト・ニュートン以来、徹底した数学的合理性を旨として発展して来た近代物理学が、無意識的に抑圧していた部分でもあったようです(思想的には、機械論的な世界観とも言えましょうか)。

そういう意味では、集合無意識というフェーズにおいては、現代物理学を代表する量子ワールドの草創期を駆け抜けた天才科学者パウリは、まさに「時代の人」であったらしく。

夢の中で、四要素で定義された正方形の場が発生すると、精神再生のドラマが始まる。その正方形の場の周りは、結界されている(心の中心に決定的に注意を向けていると、そうなるようです。人や動物がグルグル回っている、剣や柵に囲われている、城壁によって封じられている等、色々なパターンがある)。

意識(象徴数3)と無意識(象徴数4)の融合ドラマは、そういう、キッチリと結界された「聖なる場」で生じる。錬金術的には、火と水の結婚とか、硫黄と水銀とか、男女の結婚とか、そう言うイメージ・ドラマで描かれることが多く。

三要素(家父長的な三位一体)と四要素(母系社会的な四位一体)。この相容れぬシロモノの、対立と融合のドラマが生じるというフェーズは、心理的には、非常に意義深いものだそうです。

神学的な意味で言えば、三元性(男性原理or奇数要素)と四元性(女性原理or偶数要素)の根深い歴史的な対立と相克であり、数字的な意味で言えば、マンダラによって結界された正方形の場の中で、3と4が調和的に組み合わさるプロセスである(幾何イメージ的には、多くは円、球体、三角形、正方形で象徴される)。

※マリア・プロフェティサの格言『1は2となり、2は3となり、第3のものから全一なる第4のものが生じる』

治療の最終段階を彩る宇宙時計のイメージは興味深い物でした。

(参照)パウリの夢の中に出てきた「宇宙時計」(引用文があったので…)
http://blog.goo.ne.jp/sonokininatte55/e/f228aecc470bc2a90123aa37239a2717

一連の夢体験は、パウリに、物理学と心理学の融合、すなわち「無意識(超意識)の科学」というような新たなテーマをもたらしたようです。これは量子論的世界観の確立と普及に直結していくものでもあったろうと思われます。

ただ、時代的には、オカルトに注目したナチスが台頭して来た時代で、タイミングが良かったのか悪かったのかは、何とも言えません。超能力(サイキック)だとか、そういうオカルト方面への注目度が上がった事で、無意識というモノの存在が注目されるようになった、という事は言えるようです。

興味深い部分をメモ:

▼問題:感覚的知覚と我々を取り巻く世界を理解するのに不可欠な抽象的思考との関係

我々は、次から次に降り注ぐ感覚的知覚から、どのようにして概念を生み出すのだろう。
感覚的知覚は、知覚者の精神の中に知識を生む。だが、両者をつなぐ過程では何が起こっているのだろうか。
心は外界から入って来る感覚的知覚を体系づける働きを生来的には備えておらず、我々はつまづきながら経験から学んでいくと論じることができるかも知れない。だがこの場合、正確とは言えない測定結果をもとに、どのようにして数学のような厳密な科学に到達するのだろう。
これに代わるもう一つの考え方は、生まれた時から心には既にある種の体系化の原理が存在しているとすることである。元型こそが「長い間探し求められてきた架け橋としての機能を担い、感覚的知覚と観念とをつないでいる」。
「したがって、元型は自然を扱う科学的理論を発展させる上でも欠くことのできない前提条件である」。言い換えれば、元型は創造性の触媒なのである。

▼光と闇の対立の意味

相補性はそもそもは、互いに補完し合う関係にある相補的な対(ペア)―例えば波動と粒子―の間の対立という観点に立てば、量子力学的現象の理解が可能である。対立物からなる相補的な対には、これに対応するさらに深遠な元型があることを指し示しているように思われる。更に言えば、こうした相補的な対は、二本に分裂するスペクトル線によって象徴化され、分裂の幅は137(=微細構造定数)という数で特徴づけられる。

CPT対称性の提唱と、夢に出た鏡像イメージとの共時性的なくだりのエピソードも、無意識的想像力と創造性との関係という観点からして、興味深く思える内容でした。

パウリの夢も、意識と無意識の対話レベルが進んで伝達に手慣れて来ると、数学的イメージで彩られて来たそうです(実際、パウリは数学の天才だった)。虚数iとか、δ、三角関数エトセトラ…この辺は、心は、自己言及するために、意識が良く知っている知識を駆使して、無意識からのメッセージを発して来るのだなあとシミジミしました。

夢の中において1、2、3、4が良く出て来るのも、それが、心にとっては分かりやすい、基本的なパーティー概念だからかも知れません。数の概念の駆使がハイレベルになってくると、12、16、32などと言った掛け合わせ数が出て来るのだろうと言う風に思いました。32はカバラでは、至高の調和と知恵の数字だそうです(知恵に至る道の数が32。或いは、ヘブライ・アルファベット22要素とセフィロト10要素の和)

夢の中に出て来る「色」と言うのも、同じようなモノなのだろうと類推しています。白(or金)と黒が基本色みたいですが、更に色概念の駆使が進むと、赤と青(or緑)が加わるのが多いそうで。他の色(紫、黄…エトセトラ)であるパターンも多いですが、色の種類が4種類である場合は、そのまま4要素として扱えるとか…

色彩に多大な関心を抱く芸術家の場合、夢の中の情景は総天然色であるパターンが多いそうですが、こういうのがマンダラの形を取ったりして、世界各地の、多彩な宗教画のようなイメージになって来るのだろうと思いました

PR

今年も、どうぞよろしくお願いいたします

恒例の「1年の日本の状況は?」占いをやってみました

※2016年の予想内容をチェックしましたが、「国際関係の組み換えが起こるかな」と言う点は、トランプ大統領の爆誕で、或る程度当たったかも…と思案しています。

※あと、ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの2016年予言のメモもしていましたが、「イスラム教徒の過激派がヨーロッパへ侵略を行う」という項目は当たってるみたいです

過去=貨の女王(正)=寛容,価値を見出す,実り,才能,倹約,救済者,思わぬ幸運,慈しみ
現在=剣の王(正)=地位,豊かな経験,卓越した力,行動的,指導,守るべきものあり,権威
未来=貨8(逆)=悪用,目先の利益,基礎体力の低下,偽物

対応=杯8(逆)=新たな選択,古い物を捨てる
環境=剣9(逆)=喧嘩,不名誉,口論,疑い,中傷
願望=皇帝(正)=意志の力,行動力,物質的な豊かさ,成功,統率者,権力を得る

結果=剣3(逆)=離散,絶好,未熟,過失

(コメント)

日本は、前半は調子が良いようですが、後半は苦戦のようです

「剣の王」はトランプ大統領の始動を示しているという面もありそうですし、急に話題になった天皇の生前退位の件も示しているという事もありそうです。習近平やキムジョンウンの神格化っぽい問題も気になる所です

「本質を見誤ると未来は大変な事になる」という気配満々です。安倍首相の奮闘に期待したいと思います

未来に示された「偽物」という要素は、著作権法とか、違法コピーとかの問題が浮上する…という解釈が出来そうです。オレオレ詐欺なども、そうですし

将来の要素として出ている「基礎体力の低下」=国家的にも財政的な余力がなくなりそうだとか、その辺は注意でしょうか…

この1年は、色々な面で取捨選択を迫られる年になるらしいです。レガシー(過去の遺物)の問題が、いよいよ…という雰囲気です

五輪に向けての施設の問題もありますし、色々な勢力が影響力を発揮しようとして、或いは、自己利益を最大化しようとして、何かと抵抗や揉め事が増えるのは当然かなと思われました。トランプ大統領の時代になるだけに、暴言や誹謗中傷といった問題も頻発しそうです。まともで、かつ建設的な議論が交わされることを祈りたいと思います

結果は、二分裂しそうです。勝者と敗者がハッキリ分かれると言うか…巷の噂の通り、衆院選などの選挙があるとしたら、それまでの行跡次第で、それこそ厳しい結果が予期されそうです。「何処の政党にとって厳しいのか」という事は、カードは示しませんが…

政党分裂の気配は濃厚です。政界大再編のような騒ぎまでには、ならないようですが…

※自然災害は多発しそうです。大震災レベルの物が起きるかどうか、ちょっと心配になって来ました

長編の執筆に関して、実戦的なポイントのお話を(注:本当に実戦的かどうかは微妙ですが、参考までに)。

【注意】…「一つの長編作品として完結する(しかもストーリーが破綻していない)」という見通しが付きやすくなるため、大長編にも応用できます。頑張れば、商業レベルの作品クオリティにも到達できると思います。ただし、執筆した作品が、ヒットするかどうかという事は、分かりません。


まず、自分がどんな雰囲気の作品(ファンタジー)を書きたいのか、だいたい決めておく。コメディ風、ヒロイック風、ダーク風、リリック風、ゲーム風、社会派、未来派、色々あります。


以下の三点が甘いと、途中でストーリーが展開パワーを失ったり、構造が崩壊したりして、続かなくなる事が多いです。

1.その長編ストーリーを全て背負えるだけの、強靭なキャラクター造形
2.「序破急/起承転結の情報伝達」を主目的とした、全体ストーリーの設計図
3.考え抜かれた冒頭部=ストーリー世界に没入するための、強烈な踏み込み

・・・・・・(ちょっと長い)追加説明を以下に。

【1.その長編ストーリーを全て背負えるだけの、強靭なキャラクター造形】

面白い物語とは、キャラクター展開とストーリー展開がシッカリとリンクして、時間変化している物である。

特に、男役(ヒーロー)、女役(ヒロイン)、敵役(ライバル・種別性別問わず)の三キャラの造形がシッカリしていないと、長編ストーリーの進行に耐えられなくなります。

古今東西、理由は知れませんが、長編ストーリーに捧げるための「常駐キャラ(人柱)の展開」は、最低でも三人以上は居ないと、ダメみたいです。

なおかつ「そのキャラクターは、ストーリー世界&テーマ謎と、がっつりとリンクして展開していますか?」というのが、最も重要なポイント。

「その人が、その時、その場に居る決定的な理由」。「その人ならではの決めゼリフ(決定的なセリフ)」。「そこに至る決定的な行動(状況)」。

特にウッカリしやすいのが、キャラクター展開の基調となる「TPO(時と場所と状況)ロジック」です。このロジックに欠陥が生じると、ストーリー展開において、基本プロットにまで至る程の深刻なヒビが入ります。

※元々TPOはドレスコードに関するビジネスマナー用語ですが、服装⇒キャラ描写に変えて流用※

「TPO(時と場所と状況)ロジック」は、何でもありの架空のキャラや架空のストーリーを無制限に作成できるがゆえの、「絶対法則」みたいなものです。何というか、「公理(論理を展開するための根本的な前提)」に似ている所があります。そもそも、テキストはロジックの塊。

現実には、非合理性とか、理由の無いちょっとした気まぐれ、と言ったモノがあるのが普通です。しかし、作品世界を納得させるには、世界観やキャラクターに一貫したロジックを持たせる必要があります。ストーリーの登場人物には、登場するだけでも、気まぐれをするにも、何故そんな会話や思考をするのか、にも、決定的な理由(TPOロジック)がある訳です。

例えば、極端な例ですが、アーサー王と騎士たちがキャメロット城に集まって円卓を囲んだところに、宇宙人ジャバザハットやR2D2が、その円卓の上に登場して、スターウォーズの情勢について喋り出した場合。

『それが起こるだけのTPOロジック(時と場所と状況のセット)が無いと、絶対に変だ』、『作品世界が壊れる』という事です。

このように、一貫したロジックなしに、キャラ登場や会話や場面を展開すると、普通は「アレ?」となります。

リアリティのある世界観やキャラクター造形であればあるほど、急所です。キツイです。後付けでも良いので、「TPO(時と場所と状況)ロジック」は、慎重にチェック。

※外見や性格、チートの設定などの具体的なキャラクター造形では、各人のやり方があると思うので、詳細には突っ込みません。

【2.「序破急/起承転結の情報伝達」を主目的とした、全体ストーリーの設計図】

プロットです。「序-破-急」や「起-承-転-結」など、タイムライン型の各パートに分かれています。

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」――5W1Hレベルで、ストーリー展開情報を盛り込む訳です。三幕構成は定番です。

ストーリー感覚においては、「序-破-急」スタイルの方が、疾走感を感じやすくなるようです。この「破」パートは「承-転」パートに相当しますが、文字通り「スピードを上げるパート」とも言えます。コマーシャル映像ストーリーの構成やハリウッド三幕構成も、この三分割に由来しているそうです。

長編ストーリーには、往々にして、「何処で急にストーリーが膨らむか分からない」という不確定性があります。リアリティのあるキャラクター造形であればあるほど、枚数単位で設定した緻密なプロットは、却ってキャラの足を縛る事が多いです。

プロットは、「最低限、通過しなければならない必須ポイント」、「各情報の開示タイミング、連結タイミング(必要最低限の伏線のリンク)」のみキッチリ決めておけばOK――くらいの気持ちで。

枚数オーバーは、しやすくはなりますが、寄り道や道草が適当にある方が、面白くなりやすいです。

寄り道や道草の「クオリティ」にも寄りますけど、「TPO(時と場所と状況)ロジック」の枠をはみ出しさえしなければ、枠のギリギリの部分までプロットを外れて冒険してみるというのは、チャレンジの価値があります。特定の状況に持って行って、登場キャラの意外な一面や行動を上手く導き出すことで、『キャラに厚みを持たせる』という効果が期待できます。

プロットを元にストーリーを演出する訳ですが、どんな順番で展開するかは、お好みで。プロット通りに、すなわち、タイムライン順にストーリーを演出するのが一般的ですが、最終シーンから逆回しで語ってもOK。

原稿用紙400枚クラス(10万字~20万字)の長編ストーリーにおいては、クライマックスは、中盤(前震)用と終盤(本震)用に、二つ用意される事が多いです。これは、長い長い助走となる中盤が、ダルダルにダレるのを防ぐという事もあります。

ちなみに、ほとんどのタイムライン型演出のストーリーが、この中盤で中だるみを起こします。中盤のストーリー展開で一定以上のテンションを保ち続けるのは、プロでも難しい領域だという話です。

※クライマックスが一つしか無い場合、中だるみを回避するため、中盤からストーリーを始めて『回想』と言う形で序盤に戻り、そこから終盤クライマックスに持っていくというやり方も多いです。

前震クライマックスの爆発――中盤の中央部、或いは破パート――は、ストーリー序盤から中盤に至る『導火線プロットのひねり(キャラ&ストーリー展開における裏工作)』が上手く構築できているかどうかで、決まるところがあります。

『導火線プロットのひねり』が充分に構築されていて、キャラ行動やタイミング状況――各々の伏線のリンク(ストーリーの谷の構築)――も、偶然に絶妙にかみ合っていると、最終的に到達する本震クライマックスにおいても、プロットを上回る想定外の連鎖爆発が起こせる場合があります。まさしく『セレンディピティ効果』と言うところです。

所定量が決まっている場合は、『まずストーリーが膨らむままに全文執筆し、その後、推敲して削る』というやり方が、勢いを殺さないので良いそうですが。編集カット作業と言うのは、ダイエットと同じで、何処でも難しいみたいです。

【3.考え抜かれた冒頭部(ストーリー世界に没入するための、強烈な踏み込み)】

冒頭部は、長編ストーリーの魅力や展開パワーを決める「命」です。

作品によって増減はあるみたいですが、基本的に、最初の原稿用紙20枚分(≒8000字)くらいのパート。

これは恐ろしい事に、とんでもない冊数になるような大長編シリーズでも共通。原稿用紙にして、たった20枚分(≒8000字)が、長編ストーリー全体の運命を決めてしまいます。

「最も強烈な踏み込みパワーを持つ冒頭部」を探し求めて、必要とあらば何度でも書き直してみる、という気持ちで。

「主役&敵役プロローグ」なり「脇役プロローグ」なり「最終シーンから始まるプロローグ」なり、演出方法は自由ですが…

冒頭部で、「キャラ&世界観の魅力」や「ストーリーの熱さ」がキチンと出ているかどうかが、一つの判断基準になります。


【あとは細々】

▼結局は「情報伝達」。正確な意図が伝わるように書く。

他人の思考を、前提ナシに読める人は居ませんので…

キャラごとの視点の移動とか、伏線の問題にも関わって来ますが。

いわゆるside形式は、三人称多視点における情報開示タイミング(伏線)を設計するのが難しいために出て来た、分割的な手法かな…と思えるところもあります。

文語による格調とか、リズム感やオリジナルな文章スタイルは、時間を掛けて自分で見つけていくしかありませんが、前提となる知識やボキャブラリーが貧困だと、やはりマズイという話は、よく聞きます。博士号を持ってるような人でも、辞書とか、類語辞典は必須みたいです。

▼描写=場所+人物+雰囲気(空気)

案外、執筆に夢中になると忘れやすいポイントです。展開シーンごとに、メリハリを付けて、「過不足なく正確に」。

何処のシーンも同じ配分量の描写だと、情報量が膨れ上がるので、読む方も大変になります。省略や比喩のセンスが問われるところ。雰囲気の描写が良くなっていれば、だいたいは成功しています。

リアリティ描写の問題もあるのですが、これは「華がある」のが結構ポイントらしいです。外連味のサジ加減。

▼イメージの言語化は、或る程度の冷静さをもって。

ノリノリに乗ってイメージを言語化しようとすると、得てして感覚的な文章に流れ「TPO(時と場所と状況)ロジック」の矛盾が出やすいです。エモーションは大切に、でも、或る程度は冷静に。

それでも矛盾は、どうしても出て来ます。対策としては、「冷却期間(=作品を寝かせる時間)」と、「その後の推敲する時間」を充分に取るしか無いみたいです。「他者の目」です。

ストーリー展開において「TPO(時と場所と状況)ロジック」の矛盾が起きた場合は、矛盾が起きた箇所に戻って推敲すればOKです。伏線を仕掛けるのも、これの応用です。

しかし、チョイ役はともかく、ストーリー軸に関わる主役級キャラの展開において「TPO(時と場所と状況)ロジック」の矛盾が起きた場合は、ストーリー破綻に至る、深刻なカオスを招きかねません。

※テレポーテーションが出来るとか、時空ワープや『他人の思考が読める』というチートを持っている場合は、その限りでは無いかなと思います※

「常駐キャラ=人柱」と言う訳です。プロット段階にまで戻って大掛かりに修正する羽目になる事もあるので、推敲は大変になるかも。

▼自分の書いているストーリーが面白くなくなったら。

どうしてもダメな場合は、無理しないで冷却期間を置いた方が良いです。

その間に、「別作品を完成してみる」というのが、最低限、必要な通過儀礼になるようです。あとは、たくさん本を読み、映画なども鑑賞して、新しい知識や感動をドンドン貯蔵しておく。ストックは後々、生きて来ます。

この後でも、そのストーリーが相変わらず面白くない状態であれば、思い切って捨てる。余裕があるのであれば、キャラをもう少し作り込むとか、基本設定をいじるとか、アプローチを変えてみるというのも手かと。

ちなみに…初心者の場合で、序盤が充分に熱いのに、ストーリーが盛り上がっていく所で、いきなりピタッと筆が止まるケースがあります。

これは「執筆疲れ」が爆発した状態です。走り慣れていない人が、いきなりフルマラソンを走るのと同じです。筋肉疲労とか筋肉痛とか。

この場合も、「制作中のストーリーが面白くない」という現象が起きます。ストーリーの熱にやられて、疲労しすぎて感覚が麻痺してるので。

冷却期間の間に、長編ストーリーの熱に耐えられるだけの筆力が成長してくれば、自然に解決します。ただし、元々の引き出し(ストック)が足りない場合は、なかなか回復しません。

処女作がいきなり大長編だと、数年レベルの冷却期間になる事もあるかも。この辺は、熟練度や知識や経験のレベルが大きく関わって来る領域なので、仕方ないかなという部分もあります。

(ストーリーの事は、時々で良いので、気に掛け続けておくと良いです。その時が来れば、『セレンディピティ効果』で、意外に会心の傑作が書けるかも知れません)

▼割と意外な部分ですが、エンディングは「自然に決まります」。

強い冒頭部から発生して来た「魅力とパワーのあるストーリー展開」は、強いエンディングを自然に準備して来ます。「最初の8000字に熱くなれ」と言うのは、これが理由。

終盤クライマックスを通過してカタルシスまで進んだストーリーを、どうやってエンディングに運んでいくかは、それこそ個性が出る部分ですし、お好みで。

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]