忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

…或る人物が言う事には、日本は、大地の力がとても強いのだと言う。そして、古代から現代に至る、様々な《意識》―《時空》が、濃密に混ざり合っていると言う。「産土」、「地霊」、…言い方は色々あるが、一まとめで言えば「八百万の神々」である。

そして、八百万の神々が宿る日本列島の大地は、とても強い霊威を秘めている…

今、突きつけられているのは、「先人を超越する」という重いテーマであろう。

2011年から2012年に及ぶ《災禍の時空》が、日本人の変容を促す…

何を見て、何を学び、何を考えなければならないのか…何を変えなければならないのか。

…想像力は創造力でもある…

その模索の積み重ねが、2012年の結果となって表れる。だが、その結果が明らかに目に見えるようになるのは、更に数年の時を経た後の時代の事になるだろう。変容に伴う《破壊》と《創造》は、一朝一夕に出来るような仕事では無い。

その間、日本列島の大地は、まるで嵐の中の小船のように揺さぶられる筈である。地震も、流言蜚語も、放射能も、国家も、経済も…およそあらゆる《禍ツ霊(マガツヒ)》が沸き立っては崩れ、不安と災厄を撒き散らしながら震え続けるのであろう。まるで、古代神話の《常夜闇(トコヨノヤミ)》の時代のように…

…《常夜闇(トコヨノヤミ)》の到来は、深く眠り続けていた神々を叩き起こすものなのだ…

神々は物語をものがたり、人々はその物語を、我が身の生と死をもって生きる。人々が神々の物語を表現する時、人は神である。

神に祈っても、神は何もしない。神は人を救わない。

ただ神を感受した人の心に宿り、現世の人の命を通じて、無限の変容の物語をものがたる。

生と死の間を渡りゆき、変容を遂げてゆく四季折々の大自然…人も社会も、宇宙も、また変容する。神々の力とは、おのづから成長し変容し続ける大自然の、《無限》の力に他ならない。

…目の前の現実に真摯に対応する。その時、八百万の神々の力が発動するのである…

PR

カメラ・オブスキュラ。

カメラを覗き込む時間は、不安定な夢の時間にも似ているかも知れない。

暗い押入れの戸に空いた小さな節穴を通して、此処ではない何処かに広がる世界を覗き込んで心躍らせている子供たち、その幼な心と、何も変わるところが無い。

それは、ある意味では、闇に沈んだ無垢な眼差しであり、人の世を演出する無数の言語に疲れた眼差しであり…

その眼差しが見るのは、漆黒の闇の中を放浪する夢、現在の中を同時進行する無数の過去と未来のかけら、無限の光彩と遠近法に彩られた混沌たる化学実験室、今まさに現実を創造しようとする未生の時空の裂け目。己の内なる意識と、外部の光景とは、まさに「眼差し」によって結び付けられる筈である。

…眼差し…

それは、人がこの現世(うつしよ)に生まれ出でて初めて表現する自己意識であり、また、老いて消えてゆこうとする瞬間にも表現される、最期の自己意識である。

ゲーテは言えり、「もっと光を…!」

清算されえぬ過去、危ういまでに不条理な現在(いま)、夢と未来との間を微塵に散らばる遠近法の系列、無数に裁断された時空の中で乱舞を続ける未生のコラージュの群れ…その重層する漆黒の意識の流れの中で、なおも狂おしく回転し続ける眼球が、カメラ・オブスキュラ。

未来など何処にも存在しないと知りつつ、それでも、未来なるオブジェを求めて、忙しく回転し続けるレンズ…カメラ・オブスキュラのシステムを収める様々な筐体、異形の杖の如き三脚、フード付きマントよろしく頭から被る黒布…それは、能役者の肉体に似ている…そして、レンズ。

…レンズは、フラジャイル。その〝眼差し〟こそが、フラジャイルなるもの…

写真家は、よく、「思ったとおりの写真になった/ならなかった」と言う。

己の内なる〈コトバ〉と、外なる〈カタチ〉とを結ぶ不安な「眼差し」…カメラ・オブスキュラ。

己が周縁を覗き込むのか、それとも、周縁が己を覗き込むのか…危ういばかりの、内外意識の緩衝地帯。

「眼差し」の中で、光彩の軌跡を辿って、究極まで圧縮された内外意識の遭遇が生み出す、世界公理の火花。

〈偶然〉と〈必然〉の出会いの結果としての、目眩めくような〝フォトジェニック〟…

それは、闇の中に生み落とされたひとつの遠近法の詩、または、時空を切り裂いたシャッターのエピソード。

フィルム写真は因数分解の詩歌に似ており、デジタル写真はフーリエ変換の詩歌に似ている、でも、そのカメラ・オブスキュラとしての、〝時光〟を結ぶ〈コトバ〉の呪術的本質は、ひとつも変わらないのかも知れない。

世界を乱舞する〈生〉と〈死〉が、ひとつの火花として結ばれ、焼き付けられるとき、それはカラーを持っていながら、モノクロームの深みに達することがある。

モノクロームとは、本質的に、冬の眼差しであり、死者の眼差しであり…

死の境地から生を眺めるとき、カメラ・オブスキュラという〈フラジャイルのコトバ〉は、無限に圧縮されたカラーの意識の中で、〝光〟と〝闇〟の本質を語り始めるように思われるのである。

それは生ける者が見る死者の夢…それとも、死せる者が生者をよそおって語る夢。

ときとして、カメラ・オブスキュラは、無限遠に分かたれた意識の断層を飛び越えることがある…

カメラ・オブスキュラ。眼差しのポエジー。

それは、ひとときの「眼差しの物語」…〝時光の幕間劇〟に他ならないのだ。

(ひとつの詩的な考察である)

意識をどんどん深く沈めていくと、集合無意識と呼ばれる「運命の巣」のような領域に到達する。

この集合無意識は、「今ここにある自己」の有り様(現世の生活)を規定するところである。

社会が自分一人だけの行動で成り立っているものでは無いのと同じように、この集合無意識も、自分一人だけの意識で成り立っているものでは無い。

ここ集合無意識(意識の深層)の中では、他人と自分との意識の境界も、「殆ど無い」と言えるほどに薄い。他人が自分の鏡になり、自分が他人の鏡になるところである。

したがって「運命の巣」とは、「引き寄せの法則」が強烈に働くところでもあるといえる。

「自分」という紐―意識の深層に下ろされたDNAのような微細な紐―に、どのように他人の意識が引き寄せられているのかをじっくりと観察すると、自分の心の底で波打ち続けている様々な「感情的言葉」(=言霊の波動?=)が、まるで磁石のように、似通った波動の意識を引き寄せているという事が分かる。

磁石にへばりつく鉄の粉のように、自分の意識を構成している「紐」の各所に、びっしりと、名も知らぬ大勢の他人の意識の「紐のかけら」がへばりつくのである。その途方も無い重みが、己の意思も思考も行動も、まったく左右してしまうのである。

(どうやって「他人の意識のかけら」がへばりつくのかは知らない。意識の深層は精妙かつ緻密な構成になっており、数学的性質からして高次元の世界なのだろうし、多次元多面体の奇妙奇天烈よろしく、その辺の不思議は相応に在りなのだろう)

〆(’’;<…『蜘蛛の糸』(by芥川龍之介)のクライマックス・シーンが近いイメージか?

仏教の「業(カルマ)」というのは、いわば、これらの「〝自分〟という意識にびっしりとへばりついた見知らぬ鉄の粉のようなもの」を意味しているのでは?とすら思えるのである。

これら「びっしりとへばりついたもの」が、負のトラウマや嫉妬や怨嗟の波動に満ちていた存在であった場合、これらを駆除し、或いは浄化しない限りは、己を変えることも社会を変えることも出来ない。万有引力の法則よろしく、その重みに引きずられてしまうからである。

即ち、自らの意識の深層が、負のトラウマと怨嗟の感情に満ちていれば、その負の要素を次々に自らの身に引き寄せてしまうのである。負の要素の増幅&濃縮の中で、負の流れに引きずられるような形で、自らに授けられていたはずの運命を、自ら崩壊させてしまう、という現象も出てくるのである。

そこで、最初に、「透明な感情」をもって、自らの意識を満たす事で、意識の深層にびっしりとへばりついたものを駆除し、浄化をするのである(=「かがやかに、澄み明らかなる空」のイメージに近いと思われる。いわゆる「感謝」や「喜び」という感情が、そういう浄化イメージを、強力に生成するのだろうか?)

(「駆除」というのは、オカルト的な言葉で言えば「憑依を解く」というものになるか?)

すると、磁石の力が無くなって鉄粉が剥がれ落ちていくように、自己意識にへばりついていた見知らぬ他人の意識も剥がれ落ちていくのである。

その後で自己変容を起こし、新たな波動で自己意識を満たせば、その波動に見合った他人の意識が「引き寄せられてくる」のである(=他人の意識をも浄化し、新たな環境を構成するきっかけになる)

…ただし、自己の波動が成長・変容しない限りは、同じ事を延々と繰り返すのみである…

仏教者の場合は、浄化の究極の境地を「三昧(サマーディ)」と言うのであるが、三昧に到達した後で自己変容を起こさない限りは、やはり前と同じような波動のもの―旧世界―を引き寄せるのである。

意識の成長は、やはり深い意味での「出逢い」や「雷のようなインスピレーション」、「人生修行」を要求するものであるらしい。それも、極めて精妙な均衡バランスを要求するものである。

…現実のイデオロギーや思い込みや考え方を変えるのがどれだけ難しいかを思えば…深層意識の魂の分野における「成長」も「変容」も、なかなかに生じにくいものなのだ、という事も理解できると思われるのである。

「波動」「変容」と言葉で綴るのは簡単だが、それを成し遂げるのは、実に困難なのである…

…実際、主体的に打ち立てられるような「己の意思」、「己の思考」、「自我」などというものは、何処にも無いのである。己を動かすのは、不可思議なる大宇宙の流れである。身体と人生とは、大いなる宇宙からの贈与である。我々は皆、大いなる風の流れに舞うひとひらの雪片よりも更に軽く、大自然の操り人形に過ぎないのである…

…〝少年老い易く、学成り難し〟…或いは、〝…言葉移ろい易く、伝統成り難し…〟

そういった事柄を考えれば、数千年の時をかけた日本人の意識、そして長い伝統を持つ日本語、及び和歌は、やはりそれだけの大いなる霊威に満ちているのである。

…そして、日本語は同時に、今なお若く、未完成である…

今なお生ける「始原の言葉の神(言霊)」が息づき、「運命の巣」に最も近く、強力に渦巻いている陰陽呪術的言語なのであろうという事を、ひっそりと、つつましく、述べるものである。

《トンデモ試論=「運命の巣」の考察=終わり》

―関係が在るかも無いかも知れない記事コレクション―

覚書=井筒氏と司馬氏の対談
《司馬》なるほど。私は阿頼耶識についてはよくわからないんですけれども、ユングのいう無意識というものより、阿頼耶識のほうが、ずっと思想的に深そうですね。
《井筒》まるきり深いと思います。なんといっても長い伝統をもつヨガ修練の体験に方法論的に基づいていますからね。ユング的な無意識の場合には、その底はもう行かれない。ところが阿頼耶識の場合には、ユング的な集合無意識の底に潜んでいるもうひとつ底の無意識、つまり「無意識」とすらいえないような意識の深みまで、唯識は行っていると思います。(中略)阿頼耶識とは、第一義的には、意味が生まれてくる世界なんです。意味というのは、存在じゃない。存在じゃなくて「記号」なんです。(中略)それが言葉と結びつくと言語阿頼耶識になる。(中略)つまり、結局すべてコトバということですね。

出典=『十六の話』司馬遼太郎

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]