忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640

《知人・某氏と、お喋り》

某氏:現代科学の究極のテーマってさ、ものすごくサックリと言うと「宇宙の起源」、「意識の起源」、「生命の起源」なんだってさ

自分:ほほぅ~(左から右へ聞き流す)

某氏:ニュートンから始まる近現代科学は、「現象」を「要素」に分解し、その個々の「要素」から全体を再構成する事によって理解する…という発想のもとに、世界の謎を解き明かして来た訳だ

自分:ふむふむ(ちょっとピコーンと来る)

某氏:さて、現代科学には、20世紀から新しい潮流が生まれて来ていて、現在は2つの流れがある訳だが…

自分:ちょっと待て!メモるから!

某氏:1つはニュートンから始まる近代科学的な手法ね。これ、ニュートン方程式とかに代表される、決定論的な記述法だな。もう1つはギャンブル、つまり確率論から始まった流れだ。現代科学は、この「必然性で世界を読む」と「偶然性で世界を読む」…と、2つの潮流がある

自分:決定論と確率論ね

某氏:量子論はこの2つが両方とも入ってる。だから、決定論的な世界観、つまりニュートン的な常識の中では分かりにくい訳よ。もっとも、微積分が入ってるから、見かけ上は決定論的な数字(観測上の数字)が出てるように見える訳だ

自分:ふーん

某氏:まあ、複素空間なんぞ考えてる点で、すでに半分「あの世」に突っ込んでる状態だけどね

自分:だから観測上の現実の数字が、ちゃんと計算できるんだろうけど(虚数=イマジナリー・ナンバーは偉大だ)

某氏:決定論と確率論に戻るけど。確率論が、面白いんだよな。このジャンルは、複雑系の科学の成立に大いに関与した

自分:複雑系…社会システムとか?そういえば、金融工学なんか、そんな感じだね?

某氏:うん、それもあるけど、生命科学とか地球科学なんかが「複雑系の科学」でね。決定論的な手法が通用しない世界なんだな

自分:占いなんかもそんな感じだね。統計だっていう人も居るし

某氏:いやー、占いは、確率論とか量子論とかよりは、少し話が複雑になるんだ。理論負荷性とか色々あって、解釈の偏りがハッキリ現れる訳だろ。ギャンブルの類を扱う通常の統計学では、「占い」という現象に太刀打ちできないのは、ハナから明らかだ

自分:……ふむ?!

某氏:つまりね、「占い」という行為のほとんどは、山勘というか、インスピレーションと言うか…「想像力の爆発」にあるんじゃないの。「一期一会の偶然性に全てを懸ける」という点で、それはすでに統計じゃないのよ。「繰り返し実験し、結果を再現する」という近代科学的な実証プロセスを拒否する「現象」ってことよ

自分:そういうもんなの?

某氏:占いを要素別に粉みじんにしたところで、占いのダイナミクス…というか、占い的な思考システム、判断プロセスの仕組みが解ける訳じゃなかろう。たった1枚のカード、たった1本の棒、たった1コのシンボル(記号)、そんなもの幾ら分析したところで、決定的な何かが出て来るわけじゃ無いし

自分:まあ、それはそうかもね

某氏:考えてみろ。全くの偶然に出て来た、例えば1枚のカード。「何故、そのカードが出て来たのか」、過去・現在・未来にわたって、因果律はまるで無いんだ

自分:そういえば、ニュートン力学とかは、過去・現在・未来にわたる運動方程式が組み立てられるから、その時点の物体の位置と速度を測定するだけで、全体像がパパッと計算できるよね

某氏:それが決定論的、て事だよ。現在の状況が確定すれば、全過去も全未来もいっぺんに確定する。因果律のゆえだ

自分:で、占いに使われるカードには、そういう因果律は、まるで無い、と。そこに、人間の想像力が加わる事で、有意な偏りが生まれる…ふむふむ

某氏:占いは、単純な決定論・確率論に基づくところの、近現代科学の手に負えるような対象では無いよ。むしろ、生命科学や地球科学と同じように、「複雑系の科学」の対象として考えるべきなんだ

自分:複雑系の科学…

某氏:代表的なのは、カオスだな

自分:カオスとか、フラクタルって事ね

某氏:これね、「無限」に足を突っ込んでる問題なんだと思うよ。私見だけどさ、占いって、基本的に「有限」から「無限」を組み立てるプロセスだろう? 有限個の手掛かりを元にして、無限の世界を想起…想像している。或いは、創造している。そのプロセスは、数学的にはカオス方程式で表現されることになるんだよ

自分:カオス方程式…むむむ

某氏:占いが存在する時空は、カオスである…それでさ、いったん想起した「無限」の選択肢をいっぺんにかきまぜた後、1つの解…というか、場合によっては、かなり正解に近い占い結果を引きずり出してくるわけだろ? 無意識の力でも意識の力でもどっちでも良いけどさ、それなりに「深淵の怪物」に近い物を感じるよ。ニーチェ的な意味のね


カオスに関する補足――カントール「無限は底なしの深淵だ」

「無限」を数学的に議論するプロセスの中で、カオスの性質は明らかにされてきました(数学の中では、「集合論」と呼ばれるジャンルとなります)。

カオスの方程式は、「真のカオス解は存在するが、それを計算する事は永遠に不可能」という「不可能問題」を内包しています(ゲーデルの不完全性定理と同じ構造)。

近接した時空間における解は「近似的な数値解」という形で導き出せるのですが、時間幅を長くとって何回も計算し続けると、最初はミクロレベルの誤差の範囲内に収まっていた筈のズレ(揺らぎ)が、無視できない程に大きくなってしまうのです。

以下、楽しくて分かりやすい動画(※ツイッター動画・注意)

▼二重振り子を50本,一斉に揺らした場合…未来では、50本すべての振り子が、それぞれ全く異なる軌道を描くhttps://twitter.com/lotz84_/status/866661941279834112

▼三重振り子を100本,一斉に揺らした場合…未来では、100本すべての振り子が、それぞれ全く異なる軌道を描くhttps://twitter.com/tkmtSo/status/867737885734129664

▼ローレンツ方程式(カオス方程式の一種)に従って、1000個の点を一斉に運動させた場合…1000個の点が、それぞれ、未来においては別々の場所に到達しているhttps://twitter.com/jmitani/status/868103931422883840

※何となくボヤッとした全体分布図が出来ていますが、これを「アトラクター」と言います。ローレンツ方程式が描き出すアトラクターを「ローレンツ・アトラクター」とも言います。勿論、アトラクターには色々な種類があります⇒レスラー・アトラクター、ウエダ・アトラクター、ラングフォード・アトラクター等。カオスにおける個々の解は、だいたい、アトラクター近傍に引き寄せられるようにして分布する…という性質を持っています。

※カオス解の群であるアトラクターは、フラクタル構造をしています。時空間の様々なスケール(階層)の中で、パラレルに存在しているという事でもあります。


某氏による私見の補足(メモより編集)

近代物理学が描き出す決定論的な方程式からは、未来永劫にわたって決まる絶対的な解が出て来るだけです。

ところが、現実には、原因が決定論的であっても、結果は決定論的ではないという場合がありうるのです。それがカオスです。決定論的な方程式が決まっていても、未来には、そこから、全く予想の付かない、モンスターのようなものが出現する事がある。

――カオスでは「真の解」は存在するけれど、それを機械的なロジック計算によって確定的に導き出す事は、不可能です。

しかも、現在の位置とエネルギーを割り出して計算してみたところで、過去の状況を正確に再現できる訳ではありません。そこには不確定性の"揺らぎ"があります。カオスにおいては、時間の前後にわたる因果律は、ハッキリした物では無い。

自然とは何でしょうか。自然は完全に決定論的ではなく、確率論的でもありません。必然性と偶然性とが入り交ざり、無限の深みにまで至る程の、揺らぎとランダムさを現出しています。

現実の人間の運命もまた、自然と同様に、完全に確定性/不確定性と言える訳では無いでしょう。生まれた国、時代、社会環境、身体的限界(性別)、などといった拘束条件があり、場面や状況が似ていれば、大体の人は似たような選択や行動をとると予想できます(社会心理、集団心理etc)。

この辺りに、「占い戦略」があるのかも知れません。有限個のシンボル数に集約しパターン化した「取っ掛かり(=易、占星術など各種の占いスタイル)」を以って、「無限」という"底知れない深淵"と格闘する。

そして、無限の選択肢の中から(究極的には、完全に対立する「Aか、Bか」という二つの選択肢の中から)、或る種の偏りをもって(験を担ぐなどして)一つの解を選び出す。

このような判断は、占いでは恐らく普通の事であって、極めて生命的・意識的な行為です。機械には、こういう判断は絶対に出来ません。論理矛盾に陥って、フリーズしてしまいます。

※例:此処にネズミが居るとします。少し離れた位置Aにチーズがあります。反対方向に、等距離の位置Bにチーズがあります。ネズミはA:チーズ、B:チーズ、どちらを選ぶべきでしょうか――というような問題☆彡
⇒お腹を空かせたネズミは、しばらく考えた後、AかB、どちらかをパッと選択します。機械は判断できず、デッドロック状態になります(笑)


例に挙げた「ネズミの判断タイム」、「占いタイム(手掛かりを得てから、結果を出すまでのタイムラグ)」は、同じ性質のものなんじゃないかという意見があります(正しいかどうかは、分かりませんが)。

この「空白タイム」は、人工知能の研究分野においても、非常に興味深いものだそうです。こういう、どっちつかずの、いわば「判断が宙づりになる時間帯」というのは、機械にはありません。生命(意識)のみが持つ、特別な時間だと考えられます。

実際、「予測」「想像(サイコロを振る)」「直感」「創造」といったメカニズムが、どうやって発生するのかは、今でも解明されていない謎です。「量子振動やカオスといったものが関わっているのは、ほぼ確からしい」という言及があるだけです。

生命(意識)が持つ、特別な時間――カオスが躍動する、と言う意味では、カイロス的な時空でもあるかも知れません。詩的には「神話的時間」と呼ばれて来た、いわば「狂気の時間」であろうと思われます。

思考を整理し編集するためのツールとして使われて来た、各種タロットカードや占星術記号…その組み合わせや解釈のワザには、興味深いものがあります。

本来の占いとは――占いが発祥した古代においては――プレ数学&科学と並んで、"無限"の深みに挑むための思考スタイルだったのでは無かったか、とも思われます。恐らく、権力と結び付いたために、変質は早かったのでしょう。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]