忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[425]  [424]  [422]  [421]  [420]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412

◆カラーイラスト:明日香姫と峰

明日香姫は、やんごとなき血筋を引く都の大貴族・京極大納言家の姫君と言う設定です。由緒正しい、本物の姫君です。斎王として斎宮に勤めている内親王・朝ノ君の血縁(=詳しく言うと、朝ノ君の姉の孫に当たる。この辺りは血縁関係が入り組んでくるので、設定を覚えていられるかどうか、ちょっと自信ナシ・汗)

明日香姫は、朝ノ君の系統の面差しを受け継いでおり、なおかつ「目の覚めるような絶世の美人」という設定です(=今の花洛帝の系統の顔立ちに比べると、ずっと繊細で華やかな顔立ちになります…、という設定になります。ちなみに明日香姫の父親も、若い頃は、華のある美青年だったのです=ずっと後で出てくる予定)

峰さんは明日香姫の侍女。生まれた時から明日香姫と一緒に育っています。峰さんの父親は、京極大納言家に勤める中流貴族であります(多分、お屋敷の家司か、京極大納言の秘書の一人として勤めている。家司というのは、今で言う執事に当たります…、だそうです)

明日香姫は目下、父親の決めた縁談に反発して、都のお屋敷を家出しています。峰さんは、明日香姫の意思と行動力に驚き呆れつつも、勢いに引きずられて一緒についていった…という感じになります。明日香姫の誘拐未遂事件では、声音に騙されて誘拐犯を手引きするなどウッカリした面がありましたが、物慣れない環境でも上手に適応して、柚羅と瀬都を女童として使いこなしつつ明日香姫をフォローしている辺り、優秀な女官としての片鱗を見せています

(明日香姫と比べると大人しいですが、峰さんも、なかなかの美人なのです)

縁談を持ち込まれるような年齢…というところから分かるように、彼女たちは十代の女の子です。今の高校生(或いは大学受験生)くらい。現代バージョンで遊ぶ時に、それっぽい洋服など着せてみても良いかも知れません(笑)

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]