忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[427]  [425]  [424]  [422]  [421]  [420]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413

ブログ運営において、初めから「完成バージョンの記事」をきっちりと作成するのは、プロでも難しい仕事に違いありません。ブログは文字通り「ログ記録」というスタイルであります。

標準装備としてコメント欄が設けられている事を考えて見ても、ブログは、「ログ記録と公的意見の交流の場」を想定している…と言えそうです。

複数ブログを運営する場合、一人で管理できるブログの数には限界があるのでは無いかと思います。安定した更新頻度で運営しようとすると、ダブルワーク、トリプルワークといった状況を想像して見る限り、きちんと更新できるのは、多くても2個か3個ぐらいまでかと思われます。

役割的な面に注目してブログを含む複数サイトを運営するとすると、次のような三系統への振り分けが、管理が楽で、かつ分かりやすいように思われます。

1.総集編(完成作品コーナー)専門のサイト=ホームページ型

  • 大型シリーズが見やすい。図画資料の差替えも早く済む(一括修正可能)
  • 書籍化データ資料、発表会資料などのコーナーも増設可能
  • ただし更新情報ログの集積や、Q&Aコーナーはブログの得意分野なので、並行運営ブログに更新情報やQ&A機能を委任する(ホームページのトップorガイド頁に、Q&A用ブログのリンクを張れば、説明は一度で済む)

2.各種ログ集積専門のサイト=日毎ベースのブログ型(ツイッター含む)

  • よろづ観察、思索、批評ログの集積に向く。アンケートなどの各種イベント、ホームページ更新の告知、各種レビュー等にも使える
  • コメント機能、Q&A機能を集約可能(出来れば、交流コーナーはこういった場を選んで一つに絞るのが良い。サイト全体の管理が楽になり、時間の節約も出来る)
  • たまにブログ用のネタが切れた時は、ホームページの方に収めた古い総集編の記事をピックアップして、宣伝を書く事も出来る(ついでに古い記事に対する、新たなQ&Aやコメントも期待できる)

3.息抜き用の何か(雑談、私的ブログなど)

  • ホームページ用の写真や図画資料を作成して、コレクションしても良いかも(笑)
  • (当サイトでは、漫画ポータルサイトに作品を上げていたりしています)
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]