忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [162]  [161]  [159]  [157]  [156]  [155

異世界ファンタジー6-4窓の雪:遺された手紙

――冬になってから何度目かになる雪が、シンシンと降っている。時刻は真昼の頃だというのに、空が分厚い灰色の雲に覆われている事もあって、辺りは夕暮れのような薄暗さだ。

通りに面した窓からは、ランプの光がさざめくように漏れている。ロージーの部屋も、複数のランプで照らされていた。

身辺整理が終盤を迎えた頃、ロージー自身の私物をチェックしている時に、それは見つかった。

――亡き父の遺骨を納めた時、共同墓地の墓守から渡されていた、父の遺品――ちょっとだけ古い、未開封の手紙。

(私ったら、あれから色々あって――あり過ぎて、すっかり忘れていたんだわ)

近況報告に使われるような、武骨なまでの実用性を追求した封筒。中に入っている紙も、同様だろう。封筒には、やはり武骨で何処か角ばった不器用な文字で、「父より」と、あっさりと書いてある。ロージーは改めて、かすかな笑みを漏らした。

部屋の中からは、ほぼ全ての家具が無くなっており、残っているのは作り付けの棚やコーナーテーブルのみだ。腰を落ち着けるべきソファも、既に無い。ロージーは窓際にランプを置くと、部屋の真ん中に鎮座していた大きなトランクを引っ張ってきて、それを椅子に見立てて、ちょこんと腰かけた。

ロージーはおもむろに開封すると、父からの手紙を読み始めた――

結論から言えば、父グーリアスからの手紙は、ロージーが成人した日に書かれた物だった。

――実はロージーは、成人祝いを自宅で行なっていない。

令夫人の強い希望で、婚約者の実家の方で成人祝いを行なったのだ。ロージーはそこで、ささやかな成人祝いを内々のパーティーと共に贈られたのである。

そして流石に侯爵家と言うべきか、ギルフィル卿の親戚の列席があり、更に執事その他の多くのスタッフたちや、王宮から派遣されてきた占術師の列席があった。父グーリアスにとっては、大いに戸惑う代物であったらしい(祖母はその頃、体調を悪くし始めていて、出席できなかった)。

当主ギルフィル卿が、多忙な公務の間を縫って短い時間だけ挨拶に帰って来た。ロージーの父親はギルフィル卿の直々の祝福に対し、「娘の成人を祝って頂き、ありがとうございます」と、堅苦しく、通り一遍の返礼をするのみだった。

そしてその至極簡潔な儀礼応答は、すぐに王宮へとんぼ返りしなければならぬギルフィル卿にとっては、ありがたい物であったようだ。勿論、婚約者ジル〔仮名〕は公務に忙殺されていて、遂に現れなかった。しかし、父親たるギルフィル卿ご自身が、恐れ多くも短い時間にせよジル〔仮名〕様の代理を務めてくださったのだから、贅沢を言っては罰が当たる。

いずれにせよ成人祝いのパーティーの間、ロージーの父は終始、言葉少なだった。令夫人が気を利かせて、明るい夕べの中での、父と娘の庭園散策の時間を作ってくれたのだが、ロージーが、今まで学習した庭園のあちこちのいわれを説明し続けるばかりで、父親は「うん」とか「ああ」とかしか言わなかったのである。

そんな父親が、あの成人祝いが終わった後のいずれかのタイミングで、ロージーに手紙を書き残していたのであった。

*****

――娘ローズマリーへ

成人おめでとう。お前は小さい頃は身体が弱く、無事に成人できるのかと心配していたものだが。

当主ギルフィル卿から婚約の打診があった時、父としては正直、お前が成人の日まで生きられるのかどうかの方が、気がかりだったものだ。その不安を先方に正直に申し出たところ、仮婚約で良いから是非に、という話を頂いたのだ。

だから、仮婚約という状態とは言え、お前は自分の立場について何ら不安に思う必要はないという事を、此処にハッキリと書いておく。どうも貴族社会では、人付き合いで色々奇妙な事があるようだからな。

いつも恐ろしく忙しいジル〔仮名〕卿とは、何回か王宮ですれ違って、わずかな時間の間だけ立ち話をすると言うだけの付き合いになってしまっているが、彼が聞くのは、いつもお前の事だった。正真正銘の貴族クラスだけあって、気性などは想像できる通りだが、彼になら、お前を任せても良いとは思っている。

(私が言うのも何だが、何というか綺麗な男だ。親バカという事を差し引いても、お前の横に立つに似つかわしい男だと思う)

お前がようやく結婚できる年になったという事で、私も一つ、肩の荷を下ろした訳だ。

どうか、幸せにおなり。

――父より

*****

今は亡き父からの手紙を読みながら、ロージーは静かに泣いていた。

途中で、「何をどう書こうか」と悩んだらしきインクの染みがポタポタと落ちているし、書きかけて修正したらしき痕跡が、そこかしこにある。まさに父グーリアスらしい、短くて、武骨で口下手で、不器用な手紙だ。

しかしそこには、父親でさえ知らぬ貴族社会に足を踏み入れようとしているロージーに対する、気遣いと愛が溢れていた。

(――ごめんなさい、父さん。私、婚約者とは違う人を愛してしまったの――)

更にロージーは、その不実の責任を取るために、ジル〔仮名〕卿との婚約を破棄する。

ロージーは袖が濡れるのも構わず涙をぬぐうと、父からの手紙を丁寧にたたみ、鍵付きの文箱の中に固く封印した。

窓の外の雪は、相変わらずシンシンと降り続けていた。

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]