忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[765]  [764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755

分析ノート:『宿命の人 運命の人―瑠璃花敷波―』の場合

▼時代=ハイファンタジー魔法文明の世界において「リアル現代」の感覚に近い

▼場所=ハイファンタジー世界「大陸公路」獣王国、ウルフ王国の夏の離宮「茜離宮」

▼主人公の前提

・最悪のタイミング(ウルフ王族の暗殺未遂事件が発生していた)で、不可解な方法で現れた。しかも、いかがわしい着衣のせいで即座に脱走した凶悪犯として扱われ、地下牢に連行される⇒何とかして地下牢から出なければならない
・身の潔白を立てることが最初の目標となる。その後は自分の新たな人生をスタートすると共に、何故こうなったのか、過去や前世の謎を問う
※実は、はるか遠く離れたレオ帝都から転移魔法で転移して来たトップレベルの魔法使い、《水の盾》サフィール
※レオ帝都では、サフィールは陰謀に巻き込まれ、悪の手に落ちる所だった
※特別な魔法を発動していたため、予期せぬ連鎖反応が生じて、はるかウルフ王国の茜離宮へと転移したと言うのが真相(=これを突き止めるのが物語の目的)

▼ストーリー軸を構成する疑問(この難問は解決するのか、ラスボスを倒せるのか、等)

1.記憶喪失、身元不明、犯罪者の服装という状況で、身の潔白を立てられるか
2.魔法が普通な世界で、魔法を使えるようになるのか
3.ウルフ王国を揺るがす陰謀や連続殺人事件を解決できるか
4.最終的には、「水のルーリエ」として新しい人生を手に入れる事ができるか

▼キャラクター変化軸(キャラクターがどのように変化・成長してゆくか)

1.ルーリーは記憶喪失、身元不明から人生をスタートする
2.魔法が使えない状況のため、わずかに有効になった魔法感覚や、身体能力を限界まで使う⇒意外に魔法感覚の感度が高く、身体能力も飛びぬけて高いと知る。これが「前世」に関する新たな謎になる
3.ウルフ王国の様々な人々と知り合い、ウルフ社会のあれこれを再学習すると共に、独り立ちの道を考え始める。また、気になる男性への恋心を意識し始める
4.今まで曖昧模糊としていた前世「サフィール」と直面する状況となる。新たな人生を始めるのに障害となる、前世の宿業
5.因縁のラスボスと対決。恋人の危機。手に入れかけている新たな人生が失われるかも知れないと言う恐怖と不安を乗り超えて、これを倒す

▼テーマ

・何かを得る為には何かを失う
・記憶を奪い、また与えるのは海/命を救い、そして滅ぼすのは愛
・星の宿命によって生を定められる。その宿命を書き換え、運命をも変えるのは大変だが、心の底から望み、行動すれば、変えることができる

▼メインキャラ設定

・身元不明の少女(最初は、名前も年齢も種族も不明)
・紫色を帯びたチャコールグレー系の黒髪、黒目、小柄(実はウルフ族)
・16歳(未成年だが、「宿命の盟約」魔法が使える年齢には達している)

▼メインキャラ目的

(外的)新たな生き方を模索する(ウルフ族として)
(内的)前世からの宿業の存在と向き合い、対決し、克服する

▼メインキャラ完遂

(外的)ウルフ王国に降りかかった滅亡の危機を跳ねのける(強大な魔法攻撃から、茜離宮を防衛する)
(内的)自身を封印している魔法道具を解除(前世「サフィール」として縛り付けようとする存在であり、ルーリーとしての新たな人生を始めるのに障害となるもの)

▼メインキャラを阻む障害や葛藤

・レオ族の外交官からのハーレム勧誘
・ウルフ王族の暗殺事件ミステリー(自身の潔白の証明と関連)
・魔法が使えないまま数々のトラブルに
・前世サフィールとしてハメられた魔法道具(拘束具)
・強大な破壊の魔法を使う黒幕「雷神」と、その仲間たち

▼構成

・第1転回点=ルーリーが噴水の傍に不可解な出現をする
・ミッドポイント=ルーリーの前世がサフィールと知れる。拘束具が外れる
・第2転回点=偽クレドと対決(地下牢でハイレベル盾魔法を発動)
・クライマックスと解決=雷神と対決、その後、そもそものサフィール行方不明事件についての真相が解明される

▼サブキャラ設定

【仲間】ウルフ少女メルちゃん、ウルフ少年ジント
【恋人】クレド隊士
【協力者】ディーター先生、フィリス先生
【協力者】バーディー(ユリシーズ)師匠、アシュリー師匠
【協力者→敵対者】ウルフ第二王子リオーダン、雷神

▼サブキャラ目的

【仲間】メルちゃん、ジント⇒ジントは指名手配されている状況を何とかしつつ、母親を殺害した犯人を突き止めて復讐したい
【恋人】クレド隊士⇒ヴァイロス殿下の護衛、陰謀の謎を解く、ルーリーと盟約する
【協力者】ディーター先生、フィリス先生⇒ルーリーの謎を解きつつ、事件解決
【協力者】バーディー師匠、アシュリー師匠⇒サフィールの行方を追う、可能ならサフィールをレオ帝都に戻し、以前のような老レオ皇帝の護衛体制の状況に戻したい
【協力者→敵対者】ウルフ第二王子リオーダン、雷神⇒最強の守護魔法使いサフィールを妻として確実に拘束&支配しつつ、最強の防衛体制を実現し、我が天下を築きたい

▼サブキャラ完遂

【仲間】メルちゃん、ジント⇒ジントの母親を殺害した犯人を倒す
【恋人】クレド隊士⇒ウルフ王国を揺るがす陰謀を解決、ルーリーと盟約
【協力者】ディーター先生、フィリス先生⇒ルーリーの正体を知る、ウルフ王国の陰謀を解決
【協力者】バーディー師匠、アシュリー師匠⇒サフィールを発見する、レオ帝都を以前の防衛体制の状況に戻す(※事態が変わったため目的が変化する)
【協力者→敵対者】ウルフ第二王子リオーダン、雷神⇒サフィールを手に入れる、大陸公路・獣王国の全土の絶対的支配者としての地位を確立する

▼サブキャラを阻む障害や葛藤

【仲間】メルちゃん、ジント⇒まだ子供なので強い魔法を使えない、ジントは指名手配の状態のため、大っぴらに行動できない
【恋人】クレド隊士⇒諸般多忙なため、あまりルーリーの傍に居られない。得体の知れぬ「偽クレド」が活動しているので誤解されやすい
【協力者】ディーター先生、フィリス先生⇒サフィールの情報を余り知らない。魔法の拘束具に対して、有効な解決手段がなかなか見つからない
【協力者】バーディー師匠、アシュリー師匠⇒サフィールが何処へ行ったか知らない。レオ帝都の情報管理の都合上、あまり多くを明かせないまま、事件を解決するしかない
【協力者→敵対者】ウルフ第二王子リオーダン、雷神⇒正体を隠しておかねばならない。真の意図を知られずに、隠密裏に行動しなければならない。互いに信用できない

*****

グレード評価…優◎、良〇、並◇、懸念△

【時代性/話題性】△

【作品タイトル】◇~△

【舞台の設定】◇

【キャラクター特性】◇

【ストーリーライン】◇

【ビジュアル】◇

【情景の再現性(描写)】◇

【テーマ】◇

PR
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]