忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[104]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [93]  [90]  [89]  [88

《理想を追う――知性は真の中の調和を求める》

理想という事を語るのはとても難しいですが、それでも思考し、表現する方法が無い訳ではありません。理想を求めるには、自由な知性が保証されていれば良いのです。(と、数々の先賢が言っています^^)いっさいの制約を受けることの無い知性…

人類史上、一番最初に「知性に自主性を与える」という事、つまり、人間の思考に自由な翼が付けられたのは、ギリシャにおいてでした。

これは、最初に「理想」や「真善美」の存在にはっきりと気付いたのもギリシャである、という事を暗示しています。古代世界において、ギリシャのみが、万人の批判に耐えうる思考を――つまり万人に通ずる形式を備えた数学を、創造したのです。

思うに、“知性”は、“理性判断”そのものではありません…理性判断は、「我信ずる」「我為す」という強烈なモチベーションを根底とします。「知性」はどちらかというと、真善美や理想に触れうる何か、先端である、と言えるのではないでしょうか…

知性の自主性…

理由は分かりませんが、中国では知性の自主性はありえませんでした。同様に、おそらくは、インドでも日本でも、知性は世のファッション…宗教や社会理念など…に沈んでいたようです。

知性の自主性、という事を説明するのは困難を覚えますが、強烈な反照としてのイメージは描けるかと…中国発の成語に、「曲学阿世」という言葉があります。

曲学阿世というのは、学問的真理を曲げてまで、世の流行におもねる事をいいます。当世の権力の政治的正しさを証明するために、或いは新たな世のファッションを作り出すために、学問が使われる、という事です。

この「曲学阿世」の傾向は、古今を通じて世界共通であって、特に「学問が政治に奉仕する」=もろに「曲学阿世」という事が、中国では特に顕著でした。これは何も中国知識人の学問的倫理が云々…という事ではなくて、学問は知性の発現そのものでは無く、油断すればすぐに乱れてしまうような、不安定な社会を上手く治めるための基盤とか、職業のひとつだという考えが底にあるからだろうと思われます。

(何と言っても、古代中世と、近現代とでは、学問をどう位置づけるかという思考の潮流ががらりと違っているので、近現代の常識で古代中世を批判するのはちょっと…というのもあります。「神の死」という紆余曲折もありますし、なかなかムツカシイ)

でも、科学や数学…理想を求め、真理を究め尽くさんという分野においては、「本質(エッセンス)」や「理想」の存在に気付く深い感性を大切にするかどうか…という姿勢が、重要な役割を果たした筈です。

理想や真善美、「悠久・悠遠なもの」はたしかに実在するのだという実感と、そういった真理に対する純粋な探究心を持ち続けられるかどうか…

歴史上、科学が興隆した国と、興隆しなかった国があった…という現象があります。

これは「理想追求」タイプの学問と、「曲学阿世」タイプの学問と、どちらが重要視されてきたか、という事に大きく起因していたのではないでしょうか。

(日本は明治になってから、急に科学が興隆しています。何かしら理由があって、自力では知性の自主性を成しえなかったものの、刺激があれば一気に花開くだけのセンスが充満していたため、学習スピードが尋常ならざるものであった…と言う事は出来るようです)

マックス・ウェーバーという人が、近代学問の特徴とは、学問的知識が、政治や倫理あるいは宗教的な価値から自由なことである、という言論を唱えています。このマックス・ウェーバー説からすると、今でもなお、或る特定の国の学問環境、そして或る種の学問、…特に人文・社会・歴史の分野に関しては、未だ知性の自主性の獲得の途上にある…といえそうです。

最初のテーマに戻って、数学は真の中の調和を求める…をもじって、真理の大海の中において、知性は真の中の調和を求める…という事が、理性の中で、ますます意識される必要があるのではないでしょうか。

  • 数学は真の中の調和を求める
  • 芸術は美の中の調和を求める
  • 伝統は善の中の調和を求める

人類の知性は、「理想」と呼ばれるもの、悠遠なるものの影を、これらいっさいの調和が成し遂げられたところに求めるのです…

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]