忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[667]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

タロットカードにて2013年の予想です。目下、多忙なので簡単に。

  • 過去=節制(正)・・・交流、交換、精錬
  • 現在=剣4(正)・・・一時的な停滞、疲労、気疲れ
  • 未来=杯の王(正)・・・信頼性の向上、公平、新たな予感
  • 対応=剣1(正)・・・勇気、努力、目標が明確、ごり押しにならぬよう注意
  • 影響=杖6(逆)・・・予感が現実に、情報ミスに注意
  • 願望=剣3(逆)・・・混乱、渾沌、ちゃぶ台返し
  • 結果=杯8(正)・・・独断専横に注意、礼儀マナー、幸運、好転

過去は、「節制(正)」…日本で占っていますので、これは日本の実績に相当すると考えて良いかも知れません。いずれにせよ、「自己コントロールを成し得た国・個人が未来を開く」という意味で判断したいと思います。

現在は一時的な停滞。なだらかな変化。或いは、過去の疲労や気疲れで大人しくなっている状態(※自己コントロール「節制」は、非常にハードな技でもありますので…)。

未来は、その過去の節制の経験が効いて、かなり信頼性の高い実績に変化することも。これは(国・企業・個人の)努力次第。社会の中では、かなりガンガンいく場面も考えられ、ごり押しにならないように注意…というところ。

「節制」の良いところは、目標が明確化することです。不動というのは単に「漫然と動かない」というのでは無くて、気持ちを高めたり、精神集中したり、そういう濃密な時空を一極に結ぶための「意識の最下層部における積極的な行動」であるというのがポイント。「対応」と「影響」に、その効果がジワジワと期待できます。

全体的には、情報ミスに注意(何だか、安倍政権を占った時と同じ感じです)。

「願望」カードは、「ちゃぶ台返し」的な判定が出ました。多分、金融危機など、色々と「ちゃぶ台返し」してご破算にしたい(=それは結局、更なる混乱を呼ぶ事になりそうですが…)とか、そういう気持ちも相当あるのでは無かろうかと読んでみました。

「実際に何処かが戦争になる」と言うような破滅的な出来事は避けられるのでは無いかと思いますが、剣のカードですし、中東情勢の如何によっては…という状況があるので、しばらくは注意。

最終結果は、2013年は、「何となく好転の気配はある」という風になりました。人付き合いが複雑化し、余計な誤解や衝突を回避するための社会マナーが注目される年にもなりそうです。世界の社会文化、民族衣装などに注目してみると、案外面白い世界が開けるかも知れません。

それでは、このあたりで。今年が恵み多い年になりますよう、お祈りするのであります。

◆2013年の筒粥神事のチェック◆
@伊勢原・・・「農業・経済に良い年回り」
@高山・・・「商業は前半が良く地震は前半から中頃まで多そう」。若衆1人「"前半で商業が良い"と出たのは安倍首相の経済政策の結果が期待できるという事かも知れない」
@諏訪大社下社春宮・・・「世の中3分6厘」だが「明るい兆し」、粥の中のヨシに不規則な動き「ことし前半は安定し、事を起こすならば早い方が良い。後半は石橋をたたいて渡る気持ちが必要」(参考:2011年は3分5厘、2012年は3分6厘。「5分=満点」という基準)

2013年の占いのための時事メモ

◆首相、日米軸に「価値観外交」…アジア連携重視(読売新聞2012.12.29)

安倍首相が読売新聞との単独インタビューで語った外交方針は、第1次安倍内閣(2006年9月-07年9月)当時に掲げた「価値観外交」を、厳しさを増す安全保障環境に応じてさらに発展させるものだ。
首相は国益重視の立場から、民主党政権で揺らいだ外交を早急に立て直す考えだ。「自由、民主主義、基本的人権。こうした価値観を共有する国との関係を深め、価値を広げていく。この理念に変わりはない」首相は28日のインタビューでこう語り、インドや豪州など価値観を共有する国と連携を強化する価値観外交の推進を強調した。
さらに「アジア情勢が緊迫している。北朝鮮のミサイル、中国の海洋での振る舞いがある」とし、北朝鮮の問題に加え、沖縄県の尖閣諸島を巡る問題など中国の挑発的行動に懸念を表明。「2国間関係だけをみるのではなく、地球儀全体を俯瞰しながら戦略を考えるべきだ」と指摘した。
首相は言葉通り、28日には豪印露、インドネシア、ベトナムなどの首脳と相次いで電話で会談。首相周辺は「これらの地域の大国を結ぶと、中国をすっぽりと取り囲む形になる」と解説する。「中国包囲網」を連想させることで、中国に外交的な圧力をかける狙いもあったようだ。
第1次安倍内閣では、東南アジアや中央アジアなどの民主主義国を支援する「自由と繁栄の弧」構想をもとに価値観外交を推進し、アフガニスタンなどの地域の安定化や、日本としての資源の確保を目指した。首相側近は当時と比較して、「軍事力を増す中国が南シナ海や東シナ海で挑発行為を繰り返して地域の不安定要因となっている点が大きく違う。沖縄県の尖閣諸島を巡る問題で日中も緊張関係にある」と指摘。この間、民主党の鳩山政権が「東アジア共同体」構想を唱え、日米同盟やアジア外交を迷走させたこともあり、対中戦略を重視した外交の立て直しが急務だとしている。
首相は価値観外交で日本の外交基盤を強めたうえで、中国との間で互いに共存共栄を図る「戦略的互恵関係」を追求し、日中関係の改善を図りたい意向だ。
さらに、ロシアやインド、ベトナムなどとの関係強化は、経済的な利益につながる可能性が高い。資源の確保や高い技術を持つ日本のインフラなどの輸出先として期待できる点も重視しているとみられる。

2013年の主な外交日程

2013年1月
オバマ米大統領就任(20日)
ダボス会議(23-27日、スイス)
首相訪米?
2013年2月
朴韓国大統領就任式(25日)
首相が訪韓し首脳会談?(25日前後)
2013年3月
中国の全人代で習近平総書記が国家主席に
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉会合(4-13日、シンガポール)
2013年4月
G8(主要8か国)外相会議(10-11日、英国)
2013年6月
アフリカ開発会議(1-3日、横浜)
G8首脳会議(17-18日、英国)
2013年9月
国連総会(米国)
G20(主要20か国・地域)首脳会議(ロシア)
2013年10月
APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議(インドネシア)
2013年12月
日ASEAN特別首脳会議(日本)
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]