忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538

《2011.4.5メモ》・・・東京電力について、色々な意見をネットで見ましたが、まるっとまとめて「悪の組織」で非難対象なのかは、正直、あまりよく分からないです。同じ組織の中でも、現場に詳しい下請けや技術者や協力会社の人ほど信頼できるというのは同意であります。

初動を決める要素となった情報の格差とかが、大きな問題だったのかなあと思っています。現場に居ないと分からない事は一杯あっただろうし、被災地から本部への連絡手段が限られていたと言うのは事実ですし(扱いの難しいタイプの原発だったのがまずかったのかなあ、「後悔先に立たず」ってこの事かと…)

初動時、切羽詰まった状況の中で的確な判断を下せる人材が、東電には居なかった、と言うのが不幸だったのかも知れないです。原発推進のための政治的働きかけや、世論コントロールのための人材には事欠かなかったみたいだけど、原発クライシス状況の中で、責任を持って判断を下せる人材が、上層部には一人も居なかった…ような感じがしました。誰も責任を取りたくなかったのかも知れません。

(だから、東京電力管轄内にある我々が、東京電力に代わって、世界中に対して責任を取らないといけないのかも知れないです。莫大な賠償金額になるのは確実でしょうし、全額、ちゃんと払えるかなあ…汗)

今は、津波にさらわれて行方不明の人が多い事の方が、気になるでしょうか…、まだ数千人が見つかっていないみたいですし…気温が高くなる前に、全員見つかると良いなあと思っています。

★統一選、東電関係者には票を入れないつもりであります(=ここだけは、キッパリなのです。政治ナンチャラよりも、本来の使命である電力インフラ業務に邁進して頂きたいのであります)

★気象庁から放射能拡散の気象データが出てきましたが、英語なのでビックリ。


計画停電チラシ

《2011.3.31メモ》計画停電のチラシを受け取りました。大きな5グループを細分化して5×5のグループ分けにするという内容で、地区ごとの細目グループ区分が、裏に印刷されてありました。

4月以降も電力状況によっては、計画停電があるという事なのだなあと、気を引き締めております。マッチとローソクをもうちょっと買い足してみようかと思案中。前回の停電は、夕食中にパッと消えたので、慌ててしまいました。夜間だっただけに、ケータイの明かりでローソクを探して火をつけたりとか。ちょっと心臓に悪いなあとシミジミです。

水道から出てくる放射能ウォーターをどうやって低減するかも、頭の痛い問題ですし(=梅雨の季節はちょっと大変かも)…^^;


いやはや…絶句であります…(=引きつった笑いしか出ない)…^^;;;

詩的に表現するなら、「余命3ヶ月のわが祖国」…と言うところでしょうか。

マスコミがあおった「政権交代」という言葉に踊り狂って、民主党を選んでしまった我らが有権者にこそ、大きな責任があるだろう…というのは、真にその通りかと…^^;

それにしても、環境ビジネス利権の一環で強烈に原発を推進し、福島原発も「もんじゅ」も再起動させた鳩山由紀夫氏は、本物のダース・シディアス=銀河帝国・暗黒皇帝ですね…(汗)、そして同じ原発利権(MOX燃料導入)で大きくなった小沢一郎氏が、さしずめダース・ベイダー暗黒卿でしょうか…

4月運勢占いのおまけにオラクル(一枚引き)をやって、「塔(逆)」が出ていたのですが…、この占いを信じるとすると、「この3ヶ月のうちに、もんじゅは破裂して、大量のプルトニウムをばら撒く」という運命コース(可能性)も、占い的な時空の中では、既に確定されてあるわけで…(=実際に現実化するのかは、また別の話ですが…量子力学的・宙ぶらりんの状態?)

とは言え、戦後社会&グローバル資本主義社会を強制的に終焉させるには、それだけの巨大かつ絶望的な災厄が必要なのかも知れないなあと思い始めています。それほどに膨大なマネー利権が回っている状態だと言うのは、さすがに想像できますし…

それだけの巨大な災厄を、何処の国が我が身に引き受けられるのか…と言う事を思案すると、やはり日本しか無いのだろうか…というのが、何とも複雑です…(=島国なので、集中的に災厄を引き受けることになる…)

以前に、何処かの外国の記事で、「日本が壊滅しなければ、世界中が不幸になって滅ぶ」という意見を見かけたことがあります。その記事の筆者である外国人は、日本が本当に大地震で大勢の死者を出して壊滅状態になり、更に「もんじゅ」で国家滅亡する可能性も出てきたので、今ごろ、とっても幸せな気持ちになっているのであろう…と、お察しするものであります…

…現在、日本の原発事故の影響で、ドイツが原発推進政策をストップしているようです。

独与党、原発8基完全閉鎖に賛成-FDPが政策転換(47NEWS-2011.3.30)
ドイツ連立与党の自由民主党(FDP)のリントナー幹事長は29日、福島第1原発の事故を受けて安全検査のため一時停止などをしている原発計8基について、完全閉鎖することに賛成する意向を表明した。
同党は、メルケル連立政権が昨秋決めた、既存原発の稼働期間を延長する計画の推進派。ただ、原発問題が争点となった27日の州議会選挙で与党が大敗したことから、政策を急転換した。
ただ、メルケル首相が率いる最大与党キリスト教民主同盟(CDU)内には同様の意見もある一方で、早期の脱原発は「電力価格の急上昇を招き、ドイツ企業が国外に工場を移転する恐れがある」との反対論もある。

欧州には欧州の事情がありそうですし、大陸パワーバランスが崩れるきっかけにもなりそうです。それが吉と出るか凶と出るかは別にしても、より難しい時代に入ったのでは無いか…という予感があります。リビア問題が炎上中で、上手くやらないと、第三次世界大戦にシフトするという情勢でもあるような…(汗)

一方、わが国。西日本の物流がおかしくなっていて、中小企業の運営がこけ始めているという噂を聞いたのですが、大丈夫でしょうか…、首都圏も計画停電で少しばかりこけてますが、「それでも経済を回さないとあかんだろう」という事で、必死に知恵を絞っている所のようでありますが…

…あとは、元気になったニュースをペタリ。

気仙沼の蔵元、酒造り再開「もろみは生きていた」(日経2011.3.30)

「津波を生き延びたこの『もろみ』は絶対に守る」―。被災した宮城県気仙沼市の老舗蔵元「男山本店」が酒造りを再開した。ライフラインが途絶える中、地域の協力で水や電力を調達。5代目社長の菅原昭彦さん(49)は「気仙沼の地酒を造り続けることが復興につながるはず」と町の再建に懸ける思いを語る。
瞬時に有数の漁港都市をのみ込んだ津波は、国の登録有形文化財にも指定されていた老舗蔵元の店舗も破壊。売り上げの大半を占める市内の小売店も軒並み流された。
菅原さんはやや高台にある近くの酒蔵に駆け込み難を逃れた。だが電気や水道などは壊滅状態。酒蔵のタンクには約1500リットルのもろみを仕込んだばかりだったが、停電の影響で温度管理に必要な冷却機が稼働しない。
一時はもろみの廃棄も覚悟した。だが、タンクに耳をあてると発酵して気泡がはじける「プシュップシュッ」という音。音は日ごとに力強くなった。「津波に負けず、よく生きていてくれた。このもろみは気仙沼の復興を願う自分たちの希望そのもの」との思いがこみ上げた。「これだけは絶対、酒にしてみせる」
杜氏(とうじ)らは車や酒蔵に泊まり込み、タンクに氷袋を巻いて発酵を見守った。菅原さんは知り合いの建設会社や電気工事業者など地域の協力を取り付け、トラックや発電機を調達、新酒の搾り出し作業に備えた。
親や兄弟を失った社員もいた。「たかが酒のために続けていいのか…」。迷ったが、残った社員には「会社のためでなく町の復興のために酒を造ろう」と訴えた。
被災から約2週間。ついにもろみが熟成、最終工程にまでこぎつけた。搾りたての新酒を味見した菅原さんは「これまでで最高ランクに近い出来栄え」と目を潤ませる。
復興への道のりは容易ではないが、菅原さんは「全国に通用する気仙沼の地酒を造ることが、町の復興にもつながるはず」と決意を新たにする。そして、復興の願いがかなった暁には「被災した気仙沼の人たちと、思う存分酌み交わしたい」。

…日本列島の大地と、その再生能力を信じてみよう、と思える記事でした^^

PR
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]