忍者ブログ
〝認識が言語を予感するように、言語は認識を想起する〟・・・ヘルダーリン(ドイツ詩人)
[1]  [2]  [3]  [4

今年も、どうぞよろしくお願いいたします

恒例の「1年の日本の状況は?」占いをやってみました

※2016年の予想内容をチェックしましたが、「国際関係の組み換えが起こるかな」と言う点は、トランプ大統領の爆誕で、或る程度当たったかも…と思案しています。

※あと、ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの2016年予言のメモもしていましたが、「イスラム教徒の過激派がヨーロッパへ侵略を行う」という項目は当たってるみたいです

過去=貨の女王(正)=寛容,価値を見出す,実り,才能,倹約,救済者,思わぬ幸運,慈しみ
現在=剣の王(正)=地位,豊かな経験,卓越した力,行動的,指導,守るべきものあり,権威
未来=貨8(逆)=悪用,目先の利益,基礎体力の低下,偽物

対応=杯8(逆)=新たな選択,古い物を捨てる
環境=剣9(逆)=喧嘩,不名誉,口論,疑い,中傷
願望=皇帝(正)=意志の力,行動力,物質的な豊かさ,成功,統率者,権力を得る

結果=剣3(逆)=離散,絶好,未熟,過失

(コメント)

日本は、前半は調子が良いようですが、後半は苦戦のようです

「剣の王」はトランプ大統領の始動を示しているという面もありそうですし、急に話題になった天皇の生前退位の件も示しているという事もありそうです。習近平やキムジョンウンの神格化っぽい問題も気になる所です

「本質を見誤ると未来は大変な事になる」という気配満々です。安倍首相の奮闘に期待したいと思います

未来に示された「偽物」という要素は、著作権法とか、違法コピーとかの問題が浮上する…という解釈が出来そうです。オレオレ詐欺なども、そうですし

将来の要素として出ている「基礎体力の低下」=国家的にも財政的な余力がなくなりそうだとか、その辺は注意でしょうか…

この1年は、色々な面で取捨選択を迫られる年になるらしいです。レガシー(過去の遺物)の問題が、いよいよ…という雰囲気です

五輪に向けての施設の問題もありますし、色々な勢力が影響力を発揮しようとして、或いは、自己利益を最大化しようとして、何かと抵抗や揉め事が増えるのは当然かなと思われました。トランプ大統領の時代になるだけに、暴言や誹謗中傷といった問題も頻発しそうです。まともで、かつ建設的な議論が交わされることを祈りたいと思います

結果は、二分裂しそうです。勝者と敗者がハッキリ分かれると言うか…巷の噂の通り、衆院選などの選挙があるとしたら、それまでの行跡次第で、それこそ厳しい結果が予期されそうです。「何処の政党にとって厳しいのか」という事は、カードは示しませんが…

政党分裂の気配は濃厚です。政界大再編のような騒ぎまでには、ならないようですが…

※自然災害は多発しそうです。大震災レベルの物が起きるかどうか、ちょっと心配になって来ました

PR

新年のご挨拶を申し上げます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

当サイトのタロット占いによる、2016年の国内外予想は下記の通り:

  • 過去=杯2(逆)=性愛、離別
  • 現在=杯4(逆)=発見、新しい関係
  • 未来=杖5(正)=競争、困難、途上、決意、ライバル&敵が多く出現、三角関係
  • 対応=杖7(正)=勝機、討論、有利な状況、正しい状況判断、勝利の予感
  • 影響=剣9(逆)=揉め事、不名誉、口論、疑惑、中傷
  • 願望=女教皇(正)=良識、聡明、理解、正確な判断、自律、教育、知恵
  • 結果=剣4(正)=疲労、休息、足元に注意、ゆとりが必要、延期、佇む

2015年の時のタロットカード読みでは、「従軍慰安婦問題への最後通牒」という部分もボンヤリと入ってたかなと思案です。改めて考えてみると、この問題は「ハメ殺し」「消耗戦」の段階に入ったと言う事で、「静観する」という対応で正解かと(汗)。

以後の変化として、「打算や扇動、若干の脅迫、街頭デモまたはそれに付随する揉め事」といった不穏なシリーズを想像。これは特定の問題に限らず、あらゆる国際問題において、共通してくる要素かも知れません(例:中国による南シナ海の航海権の制圧の問題とか、尖閣諸島における示威行動とか…)

2016年の過去カードと現在カードを一緒に考えてみると、「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」や「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」など、なかなかジワジワ来る物があります。

「国際関係の刷新/組み換え」のシリーズという感じです。現在の国際連合事務総長を務めている人物からして、「何か有りそう(何も無さそう?)」と言いますか…

「古い関係」と「新しい関係」との間で、軋みは当然起こりうるものであります。未来カードが指摘するように、三角関係、二重スパイ的な…といった、不純な(?)要素が増えて来るのは、自然な結果であるように思われます。

敵・味方というような二元論的な単純な区分が、難しくなる状況の到来が考えられそうです。時事情勢の分析も、手こずるようになるかも知れません(ニガワライ)。

※個人的に気になっているのは、靖国神社の扱いに変化が起こる可能性です。情勢の変化次第では、「英雄が眠る社」から「歴史的犯罪者の封印のための社」という地位に転落するかも知れず。目下、この辺りは情勢が非常に流動的ですが、いつか、そう遠くない将来、国際的には、功成り名を遂げた英霊を納める靖国神社の地位は低下し、無名戦没者を納める千鳥ケ淵戦没者墓苑の地位が上昇する、という風に思うのであります

2016年は、奇跡的に、何処かでホッと息をつけるような空白の時間ができて、物事を深く考えるチャンスがあるかも知れません。今まで考えても見なかった方向から、様々な問題を眺めてみる、と言うような…

この「空白の時間」を如何に使うかは、個人の自由であります。

「多様な視点/柔軟な行動」というのは、言ってみるのは簡単ですが、実際に「そのように物事を眺め、適宜、行動する」と言うのは、過去から積み重なってきた拘りや感情が引っかかって来るだけに、想像以上に難しい作業であるようです。ことに歴史や信仰の問題となると、非常に難しい(人は信じたいものを信じる…)。

「余計なものを視野に入れない」という行動を純粋化すると、中東系テロリストIS団のようになるのでありますが…

例えば、2015年末の東アジアの時事を席巻した「いわゆる従軍慰安婦問題」が、今後、どうなるかは、関係者の思想&行動次第…としか言えず(汗)

情報戦の真っ只中と言う事もあり、街頭デモは必ず増えるでしょうし、キャンペーンの雰囲気に飲まれたり、一時的な打算や扇動に乗ったりする人も多いと思います。

日本優勢のうちに時事は移る…という予兆こそありますが、「選択と行動」が問われる局面は、いっそう多くなっているかも知れません。広い視野と深い理性(或いは知性)、絶妙なバランス感覚を充実させたいところでしょうか。

2016年もまた、それなりに苦労の多い年になりそうです。

《おまけ》ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの2016年予言のメモ

  • イスラム教徒による戦争が始まる
  • イスラム教徒は欧州人を相手に化学兵器を使い対抗する
  • イスラム教徒の過激派がヨーロッパへ侵略を行う
  • その結果、大陸は生きるために必要な物を欠いた荒れ地となる
  • イスラム過激派との戦争が終わるのは2043年、イスラム教徒がローマを攻め落とすまで続くだろう

新年のご挨拶を申し上げます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

去年(2014年)版は、「当たらずと言えども遠からず…」と振り返っております。

2014年で捉えた「未来の変化への前兆」は数々あると思案しつつも、国内政治的には、(多分)誰も予期していなかった12月の衆院選挙を通じての、第3次安倍内閣の発足(2014/12/24発足、同時に、土星が射手座入宮)が挙げられるかと思います。

2014年は、「膿」や「種子」など、様々な駆動要素(前兆)がいっぺんに出揃って来たとも言える年であり、今の時点では、まとめて評価するのは難しいようです。個人的には、代表的な「膿」は、まず何をおいても、朝日新聞による数々の大虚報問題…という風に思っております(ニガワライ)。

占星術的な意味で言っても、「波乱の時代」は幕開けしたばかりのようです。今は、序章の段階。2015年から2016年、或いは2017年になってから、2014年の意味や影響が、じわじわと明らかになって来るのでは無いかと思案です。

《参考:占星術の観点からの予測も出ています:占星術ブログ「ZEPHYR」様より》
2015年の予測1全体傾向(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11964131358.html)
2015年の予測2日本(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11964858192.html)
2015年の予測3安倍政権の今後(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11965205119.html)
2015年の予測4東アジア(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11966008759.html)
2015年の予測5アメリカ(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11966756445.html)
2015年の予測6ロシアとヨーロッパ(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11968785937.html)
今後の世界経済について(http://ameblo.jp/zephyr/entry-11970007010.html)

本題、当サイトのタロット占いによる、2015年の国内外予想です:

  • 過去=運命の輪(逆)・・・すれ違い、不安定、循環トラブル
  • 現在=杖8(正)・・・勝利に近づく、先達の意見、コツコツと努力
  • 未来=隠者(逆)・・・軽薄、疑念、集中力不足、固執、筋肉痛、あら探し
  • 対応=塔(逆)・・・撤退戦と困難の末の結果、混乱、衝撃、亀裂
  • 影響=死(正)・・・最終局面、水面下、消耗戦に持ち込み、行き詰まり
  • 願望=貨8(逆)・・・目先の利益に囚われる、高望み、根拠の無い自信
  • 結論=杯10(正)・・・平穏、平和、着実に進展

「2015年の予想」の結論≒総論は、2014年と同じ結果となりました。

何とか「平和」を維持しつつ乗り切れるという見込み。その分、代理戦争として、様々な陰謀が横行する情勢。暗殺、粛清、弾圧、世論煽動、思想戦エトセトラ。サイバー攻撃の話題も、俄然、増えて来ました。情報戦やサイバー戦など、代理戦争の方が主戦場と言えるのかも知れません。

時代的な流れの一部としては、「歪曲&隠蔽されてきた、プチ数々が、暴露される」という局面が多くなる見込み。悪い意味では、個人情報の流出事故も増えると思うので、その辺は注意です。個人的に心配しているのは、「振り込め詐欺」の増大です。

過去カードは、循環トラブルが暗示されると言う結果になりました。原油価格の下落、ルーブル混乱、円高と円安、市場の不安定化など、経済上の循環トラブルが、2015年全体に無視できない影響を及ぼすと言う事か…と思案です。社会的・経済的格差も、これまで以上に大きくなるかも知れません。これも国によっては、混乱に結び付きそうです。

現在の状況は、案ずる程には悪い訳では無いようです(第三次世界大戦の可能性は、低いという意味)。やはり「人(特に先達)の話を良く聞け」というメッセージが出ました。例えば、最近『昭和天皇語録』が出ましたし、こういうシンクロニシティはありそうです。

未来カードは「隠者(逆)」。なかなか痛そうなカードです。

過去の「循環トラブル」、現在の「卓見の傾聴のススメ」と合わせて、この「隠者(逆)」。 これは、情報選択(或いは情報戦・言論戦)に関する一連の注意報と読む事も出来ます。

昨今は選択肢が多くなり過ぎた事もあって、どの情報を追えば良いのかという点でも、混乱中の筈です。「情報格差の拡大」という現象を考えると、一つの視点や立場に凝り固まってしまう人の増大が考えられる訳で、一部で起き始めている「言論の極端化」「言論カルト化」などは、代表的な「隠者(逆)」の現象と見る事が出来るかも知れません。

「巨悪(と見える対象)を叩く」という行動は、プロのジャーナリストも一般人も、陥りやすい快楽であります(正義感を満足させる)。そのため、「事実を伝える」という部分が劣化し、情報そのものに対して、色眼鏡で判断するケースが増える…これは憂慮すべき事と思われます。

※2015年3月17日=天王星・冥王星スクエア。2015年6月までは射手座・土星。この土星は、海王星とスクエアを結ぶ。その後、2015年6月~9月は土星逆行(さそり座・土星)ゆり戻し的な世相を暗示。その後、2015年9月半以降は、本格的に射手座土星の時代。

対応は「塔(逆)」。国内政治で言えば、政党の分裂統合などあるのかも知れません(最近、不思議な名前の政党が出来ていたような…)。或いは、ランドパワーとシーパワーの徹底的な対立。徹底的に関係がこじれてしまった場合、敢えて分裂し、距離を置く事も、解決のひとつ。

ランドパワーとシーパワーの対立は、マネー方面で露骨に出るので、割と戦いの動向が読める事があります(…と、いう風に思います)。例えば、ロシア通貨ルーブルの話題。

ロシア通貨ルーブルの変動は、ランドパワーからの揺さぶりと読む事も可です。原油安を演出して、アメリカ主導のシェールガス&シェールオイル市場を潰そうとしている。アラブ産油国が揃って動きが鈍いのは、こういう期待や裏読みを持っている故では無いか。となれば、異常な原油安市場は、長期化する可能性があります(おそらく市場変化のターニングポイントは、早ければ3月半ば、或いは6月から9月の間。ジャンク債の値動きに注目)。

※ただ、ロシア国債は、その4分の1が外国人所有者なので、この状態でロシアが吹き飛ぶと、世界経済が道連れになる可能性は、あるらしいです…(リーマン・ショックの再来の如く)。産油国は苦しい立場なので、足抜けするというリスクがあるとかで、ロシア国債は目下、非常に不安定と見て良いようです。

日本のように、ランドパワーとシーパワーの2種類の人脈を持ち、境界の位置にある国は色々と苦労しそうです。どちらの人脈が撤退戦の憂き目に会うのかは分かりませんが、「塔カード(逆)」と言うからして、人脈・組織そのものが総崩れと言っても良い局面になるのでは。

影響は、これまた強烈なカードです。「死(正)」。事は殆ど水面下で進む見込みなので、表面的には、時事は穏やかなまま推移するとは思いますが、「人脈ハルマゲドン」などが生じて、権力(利権)に関わる人脈の様相が、ガラリと変わっているのかも知れません(これも、おそらくは、ターニングポイントは3月、続いて6月から9月)。

願望は、そのままの意味。目先の利益を追う人も多いという事。何だか中国を連想。

中国は、汚職公務員が多過ぎて、国家発表の経済データそのものが信用できないと言う話です。今、習近平氏が、ビッグネームからリトルネームまで、汚職公務員の取り締まりを進めているところだそうです。この盛大な取締りの「真の目的」は、中国の経済バブル崩壊の抑止だとか…(例えば、投機目的の無人都市=ゴーストシティが不良債権化すると、その規模が莫大なだけに、えらい事態になる事は想像できる…)。

いずれにしても、目先の利益や早急な結果を追う余りに、疲弊する、燃え尽きる、という局面は、大いに「有り」だと思います。2020年オリンピック前に燃え尽きても困るので、長期戦覚悟で、じっくりやってゆく、という心積もりで。

もう一度、総論に戻ってみると、「2015年は、予期せぬ事象や極端化する事象が多く、努力次第によって全体的な均衡は守り通せると思うが、細々と疲れる年だ」という事になりそうです。

新チャレンジと共に、程々にご自愛をば…という事で、ここで記事をおしまいとさせて頂くのです…

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ミモロン
性別:
非公開
自己紹介:
ツイッター=徒然草
漫画ハック=コミック物語の公開中

☆連絡用メールアドレスが初期の物から変わっていますので、連絡にはメールフォームをお使い下さい
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
NINJA TOOLS
カウンター
忍者ブログ [PR]